ノート術、書籍掲載のお知らせ。

d0227246_13454935.jpg


気になるイベントのDMだったり。
本を読んで心に残ったフレーズだったり。

d0227246_13462221.jpg


はたまた、子ども達の落書きだったり。


去年から、こんなふうに、何でも書き込むノートを作るようになりました。
尊敬するEmiさんの本を読んで、なるほどー、と真似して始めたもの。

普通ならぽいっと捨ててしまうようなチケットの半券、
子どもがくれたちいさな折り紙、気になった新聞記事、本のタイトル。
新しいイベントの企画を考えたり、家事のアイデアを書き留めたり。
なんでもポイポイ放り込めるこのスクラップノートも、そろそろ二冊目です。

これ以外にも、思いをありのまま記した日記は、
形やスタイルを変えて子どもの頃からずっと続けてきました。
それは誰に見せるでもない、自分の振り返りのために。

先日の講演会でもお話させていただきましたが、
「書きとめる」作業って、自分らしく生きるためには必要不可欠なことだって思っています。

ヨーガをしているとよく分かるのですが、
頭の中では毎日、とりとめなく感情がうずまいています。
でも何もしないとただただ感情は表れて消え、心のクセが習慣となったものが残るのみ。

分かっているのについつい不要なことをやってしまう、とか、
逆にやりたいことができない、とか、人と自分とを比べて落ち込んでしまう、
というのはそんな心のクセが原因なのでは、と思います。

今のままの自分ではイヤだ、もっとよりよくなりたい、と思うのならば、
そのクセをよく理解して、大切にしたいもの、手放すべきものを選んでいく必要がある。

ここぞというときのための、自分だけの判断基準。
それを、「書く」作業が作ってくれるような気がします。

まあでもそんな小難しいことはさておいて(笑)
書いたものを読み返すと、「自分ってよくやってきたな!」ってどこか誇らしい気持ちになれる。

特に、終わりの見えない家事や子育てにおいては、
書き留めたことが心の栄養になるんじゃないかな。

とっても手軽な、自家発電(笑)

d0227246_149557.jpg


今回、KADOKAWAさんからお声をかけていただき、
そんなノート術をまとめたムック本に、僭越ながら私も掲載いただくことになりました。

家事も、家計も、子育ても・・・みんなのアイデアが満載! 家しごとがもっと楽しくなるノート術

家事編、料理編、家計簿編、子育て編の四つに分かれ、
25人のノートが紹介されているのですが、
わたしはその中の子育て編に掲載いただきました。

ゴンのちいさな頃に付けていた子育てノートをメインに、
スクラップノートもちらりと掲載いただいています。
まさか人目に触れることがないと思っていただけに、
プライベート感満載ですが(笑)

本当に、ノートってその人となりがあらわれるもので、
ていねいに細かく書き込まれているものもあれば、
わたしのように雑に走り書きになっているものもあり。
(私以外は皆さん綺麗ですよ!笑)

でも時間のない子育て中こそ、走り書きでもその時の思いを書きとめておけば、
子どもの成長の記録にもなり、自分に自信を付けてくれるツールにもなるんじゃないかって思います。

中には書いたら捨ててしまう、という人もいらっしゃって、
人それぞれなんやなあ、と面白く読ませていただきました。

文房具の使い方や、便利なアプリの情報などもあり、
お好きな方にはたまらない一冊となっているかもしれません(笑)

書店で見かけられたらぜひ、手にとってみてくださいませ。




by fu-ko-handmade | 2016-11-01 14:31 | メディア掲載

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO