おつけもんな日々。

d0227246_10390066.jpg


いわゆる作り置きおかずは
ほとんどやらないわたしですが、保存食づくりはだいすき。
だって、人間が何もしないでも時間が勝手に仕上げてくれる、
魔法の料理なのですから。

とくにおつけもん(漬物)は、野菜を切ったら漬けておくだけの、
いちばんシンプルな保存食。
あとは乳酸菌が美味しくしてくれます。

このあいだ出版社さんとお打ち合わせをしていたら、
おつけもんの話になって盛りあがり、
後日うれしいことに「よかったら・・・」と本を送ってくださいました。


d0227246_10390033.jpg


大原千鶴さんのレシピ本

ときどきテレビや新聞で目にすることのある、
大原さんのレシピやコラム。
京都にお住まいの方だったのですね~。


d0227246_10390055.jpg


普段あまりレシピ本を参考にすることはないけれど、
この本には「これ、おいしそう!」と写真を見ただけでわかる鉄板の組み合わせや、
意外な素材のおつけものもたくさん。

知っているようで知らなかったおつけもんの知識も載っていて、
テンションがあがりました^^




この本を見て、さっそくぬか床に干ししいたけを投入(笑)




そうそう、この出版社さんで、
本のお仕事をさせていただくことになりました。

d0227246_10390193.jpg

今、ミシンの合間にイメージラフとにらめっこしながら、
アイテムを選定中。

また形になってきたらお知らせ致しますね。



by fu-ko-handmade | 2017-06-02 10:38 | おだいどこ

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO