エスキモーコート、フード部分の縫い方について。




d0227246_14361643.jpg
撮影:白井由香里



ことし3月に出版させていただいた、
「男の子にも女の子にも、作ってあげたい服」


掲載させていただいているエスキモーコート、
冬に向かってたくさん作ってくださっているようで、嬉しいです^^



インスタにも可愛らしい写真がたくさん!
ほおをゆるめて見ています♪


先日、
こちらのコートを製作中の方から、「フードの縫い付け方がわからなくて;;」
と、メールでご質問がありました。

こちらのコート、一見普通のフードのようですが、
身頃と一体化しているので、ボタンを外したとききれいにドレープがでて
襟元をふんわり暖かく保ってくれます。

ただ、縫い付けるときに急な角度になるので、ちょっと工夫が必要。

といってもなかなか言葉では説明がしづらい部分なので、
今回画像で縫い方をご紹介しますね!



※部分だけの説明なので、今回パーツの一部分で説明しています。
分かりやすいように布や糸、接着芯の色も変えています。




①生地をカットします。

d0227246_14361634.jpg
d0227246_14361611.jpg

ちょっと見えづらいですが、チャコで書いてあるのが出来上がり線です。




②角度のいちばん鋭くなった場所を中心に、
5×5cmの接着芯を貼ります。


d0227246_14261092.jpg


③写真のように、フード部分の縫い代の出来上がり線(角部分)と、
後ろ身頃の襟ぐりの出来上がり線を重ねます。



d0227246_14260976.jpg


後ろ身頃と中表に重ねてくださいね。

d0227246_14260992.jpg


④肩部分を縫い合わせます。

d0227246_14260922.jpg


⑤フード部分の縫い代に切り込みを入れます。
(後ろ身頃は切らないように、ギリギリ1mmぐらいのところまで切り込んでください)

d0227246_14260965.jpg



⑥フードの付け根部分を後ろ身頃の襟のほうへ倒します。


d0227246_14260875.jpg


⑦襟ぐりを縫い合わせます。

d0227246_14260821.jpg


⑧表から見て、つっぱっていないか確かめます。


d0227246_14260843.jpg

キレイにできています^^



⑨縫い代を後ろ身頃側に倒し、押さえミシンをかけます。

d0227246_14260742.jpg

裏から見たらこんな感じ。

d0227246_14260767.jpg


いかがでしょうか~。

あまり他に無い縫い方ですが、
慣れてくるときれいに仕上がりますよ。


これからエスキモーコートを縫われる方は、ぜひ参考になさって下さいね^^




by fu-ko-handmade | 2017-11-15 14:46 | 著作本

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO