接着芯をきれいに貼る方法。



d0227246_14132737.jpg



先日のCHECK&STRIPEさんでのワークショップで、
お客さまから

「わー!どうやったらこんなにキレイに接着芯が貼れるんですか?!」

と驚いていただけました^^

うれしい♪


布の強度をあげたり、形を保つ目的で使われる接着芯。

アイロンで貼るので、たしかに、とくに小さいパーツだと貼るときずれてしまったり、
かといって大きめに裁って貼ると、接着成分がベタベタアイロン台に残ったりします。

それらを防ぐために、わたしが普段やっているのが、「荒裁ち」という方法。

先日のワークショップでも一部の方にお教えしたのですが、
ほとんどの皆さんがご存知なかったので、写真つきでご紹介しますね。



d0227246_14132743.jpg


①まず、縫い代つきの型紙を布に置き、布を裁ちます。

周囲にだいたい1.5cmほどの余分をつけて裁ちます。
後で余分はカットするので、「ざっくり」とで良いです。


d0227246_14132672.jpg

② ①の「上から」接着芯を貼ります。

この時点では仮止めなので、一部分だけ軽くアイロンをあてる程度でOK。


d0227246_14132641.jpg

③余分な接着芯をカットします。

①で本来の形に余分をつけてあるので、
その範囲内なら布地の内側をカットしてしまってOK。

こうすることで、布地と同じ形で接着芯がカットできます。


d0227246_14132684.jpg

④今度はしっかりと体重をかけて接着芯を貼ります。



d0227246_14132605.jpg

⑤もう一度型紙を置き、余分をカットします。



d0227246_14132737.jpg
キレイに貼れました!




普通の貼り方だと1回ずつで済んでしまう裁断。

この方法だと都合2回ずつ裁断することになるのですが、
しっかりズレなく貼ることができ、アイロン台もキレイに保てます。

接着芯の種類によってはアイロンで縮んだり、よれたりすることがありますが、
この方法だとだいじょうぶですよ。

特にこどもふくの見返しなど小さなパーツには最適ですので、
「接着芯、苦手やわあ・・・」という方、ぜひ試して見てくださいね^^



手づくりでも家のことでもなんでもそうですが、
うまくいかないことがあったとき「できひんわあ」と諦めてしまう前に、
「他に方法があるかも?」と違う方向からアプローチしてみるのが好きです。

出来ない自分にがっかりするより、
ずっとわくわくできる気がするから。

なんでもないようなことだけど、小さなことだけど、
積み重なっていけばもしかしたら、ちょっぴり明日を変えるちからがあるんじゃないか。

そう思っています^^






by fu-ko-handmade | 2017-12-06 14:30 | ハンドメイド

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO