カテゴリ:著作本( 73 )

ゆるサルエル、ポケットのつけ方。

d0227246_16043437.jpg

昨日、メリーゴーランドさんへ
「こどものふく展」第二弾を納品させていただきました。

d0227246_16043428.jpg

夏物から優先してのお届けなので、
今回はセーラー襟ブラウスとワンピースがメイン。

海兵服が起源のセーラー襟、
いままでなんとなく敬遠していたのですが、
マリンテイストから遠く離れた生地選びをすればいいのかも!
と思いついて、あらいざらしのくったりしたベルギーリネンで作りました。

戦争をしないための、セーラー服。
そんな願いを込めながら、たいせつに作りました。


d0227246_16043409.jpg


3時間ラッピングに格闘!
出来上がりのよろこびはひとしお。

夏の楽しい思い出に、よりそえる服になりますように。



d0227246_16112339.jpg


そうそう、インスタグラムで
「男の子にも女の子にも、作ってあげたい服」に掲載している、
ゆるサルエルのポケットの付け方についてご質問がありました。

今回の納品分で作る予定がありましたので、撮影しながら作りました。


d0227246_16093318.jpg


ではまず、前パンツに袋布をつけるところから。
ポケット口についている白いテープは伸び止めです。


d0227246_16162111.jpg


まずポケット袋布と前パンツを中表に(表同士)重ねて
ポケット口を縫います。


d0227246_16093464.jpg


広げるとこんなふう。



d0227246_16191953.jpg


前パンツと袋布を外表(裏同士)にしてアイロンで形を整え、
ポケット口0.5cm(画像の赤い部分)のところに補強ステッチをかけます。



そしてここがポイント!
d0227246_16093469.jpg

ポケット袋布を、型紙の中央のラインで外表に折るのです。
ここで決して反対側に折らないでくださいね。


d0227246_16093426.jpg

ポケットの底部分を0.5cmで縫いあわせます。


d0227246_16093501.jpg

縫ったら袋布を裏返します。


d0227246_16093524.jpg

形を整えたら底部分をまた0.5cmで縫います。
こうすると縫い代がくるまれた状態になります。


d0227246_16093514.jpg

これで無事ポケットがつきました!
左右対称で仕上げます。



ついでに、以前お問い合わせがあったパンツの股下部分の補強ステッチも、
縫い方をご紹介しますね。


d0227246_16253007.jpg


前パンツと後ろパンツを脇で縫い合わせ、
筒状に仕上がった状態で股下の縫い代を抑えるようにステッチを入れるのですが、
その際に表側を外にすると縫いづらいので、裏返しにした状態で股下部分を裾に向かって縫います。


d0227246_16253068.jpg

ちょっとずつ慎重に縫い進めて・・・


d0227246_16253161.jpg


裾までステッチをかけます。


d0227246_16253173.jpg

大きなサイズは結構な距離があってちょっとたいへんですが、
このステッチをいれることで頑丈になって見た目もきれいです。


ぜひ参考になさって下さいね。




by fu-ko-handmade | 2017-07-02 16:30 | 著作本

ウーマンエキサイトさんに取材いただきました。



d0227246_11100776.jpg



子育て中のお母さんを中心とした情報サービスサイト、
ウーマンエキサイトさんからインタビューいただきました。


暮らしのなかでたいせつにしていること、
道具の選び方、新刊ぶれない暮らし」にこめた思いなど、
語らせていただきました。

どうぞご覧になってみてくださいね。



すこしまえ、わたしの「ぶれない暮らし」を読んでくださった方から、
こんなご感想をいただきました。

こちらもぜひご紹介させてください。
d0227246_11100766.jpg

だいたいお母さんってものはさ
しいん
としたとこがなくちゃいけないんだ

お母さんだけとはかぎらない
人間は誰でも心の底に
しいんと静かな湖を持つべきなのだ

田沢湖のように深く青い湖を
かくし持っているひとは
話すとわかる

二言三言で
それこそしいんと落ち着いて
容易に増えも減りもしない自分の湖
さらさらと他人の降りてはゆけない魔の湖

教養や学歴とはなんの関係もないらしい
人間の魅力とは
たぶんその湖のあたりから
発する霧だ

(「みずうみ」茨木のり子)



もう五年くらい前の新聞のコラムで紹介されていたこの詩が好きで、
出産して母になってからますます心に響くようになり、
ふとした時に切り抜きを読み返してきました。

『ぶれない暮らし』の中に、美濃羽さんの深くて青い、
ゆるぎない湖を感じました。感動しました。

そして知りました。ぶれない、はしなやかであることと繋がっているのだと。
今私もまさに、そんな生き方をしたいと願っているひとりなのだという事も。
それは清々しい発見でした。

『ぶれない暮らし』、これからもずっと読み続けていきます。
そして美濃羽さんが書いていらっしゃるように、
私も私らしい愛し方で、ゆっくりお母さんになっていきたい、
そう感じる「今、ここ」です。




d0227246_11123086.jpg


思いがけず、目の前がぼやけました。

そして、
わたしのみずうみの色をおもいました。

たぶん、この方がおっしゃるような深い青ではなく、
風がふけば波がたち、底の方には泥が沈んでよどんでいて。

これまで順風満帆だったことは一度もなく、
正解もわからず、むしろ常になにかと取っ組み合いながら、
ああでもないこうでもない、と迷い走りつづけてきたわたしです。

けれど、
幼いころからこの世界には、正しさや常識とはまたちがう、
真実とよべるようなものは必ず存在しているとおもっていて。

それは声を荒げて他人におしつけるものではないし、
誰かに教えてもらうようなものでもない。
ただ、わたしの足元には必ずあるという感触がある。

だから、わたしはそれを探し続け、見つめ続けて、
身近なひとに伝えていきたい。
この方のご感想から、そんな決意を新たにしたのでした。

よどんだ水面だからこそ魚がかくれ、
ゆたかな蓮の緑が養われるように。

わたしの「みずうみ」を心に描きながら、
すすむべき道を選んでいきたいです。



d0227246_11582538.jpg



by fu-ko-handmade | 2017-06-12 11:58 | 著作本

IGの連動プレゼント企画、本日最終日です。

d0227246_12383086.jpg


ことし3月出版の「男の子にも女の子にも、作ってあげたい服」

先日ヴォーグ社の浦崎さんからご連絡があり、
なんと早くも4刷りが決まったとのこと。
「もう?!」と二人で驚くやらうれしいやら。
(前後して1冊目の著書も8刷りが決まりました!ありがとうございます!)

amazonはもちろん、書店でもよくお買い上げいただいているようです。
みなさま、本当にありがとうございます;;


発売時にも何度かお話していましたが、
今回の本はインスタグラムと連動したプレゼントキャンペーンをさせていただいています。

現在1295件の投稿が!
沢山手づくりを楽しんでいただいている様子が伝わってきてうれしいです。


d0227246_11433513.jpg

手づくり服のお子さん達、めっちゃ可愛い~^^

お写真を拝見していると、
「この組み合わせ可愛いな~」「なるほど、こんな柄もアリなんだ!」と
皆さんのアイデアにおどろきっぱなし。
わたしも見ていてわくわく、作りたくなってきます。

もうこのなかから選ぶのも至難の技なのですが(汗)
じっくり見させていただいてFU-KO賞を選ばせていただきますね!


本日が最終日なので、もしフォルダにまだ投稿していない写真がある!
という方は、ハッシュタグ「#男の子にも女の子にも作ってあげたい服」をつけて
インスタグラムにアップしてくださいね。

たのしみにお待ちしています^^



d0227246_12113090.jpg

昨日出演させていただいた夕方のニュース。





早速「見たよ!」とうれしいご報告もいただいています。
番組をご覧いただいたのか、雑誌「きらり。」の購入もいただいているとか。
ありがとうございます。

「関西じゃないので見られなかった!」
「見逃したー!」という方は、編集長が動画にしてアップしてくれましたので、
こちらから是非ご覧くださいー!

https://youtu.be/ztVgOYWP1cI




今回紹介した本、残念ながら一般書店ではほとんど扱っていません。
どこで買えるの?!というご質問もあったようですので、
購入先をお知らせ致しますね。

amazon
みのりの森HP

一人でも多くの方に、「障がいを生きる」輝きをお伝えできたらとおもいます。



by fu-ko-handmade | 2017-05-31 12:08 | 著作本

本日「ぶれない暮らし」発売です!

d0227246_17321872.jpg


いよいよ本日、FU-KOさんの ぶれない暮らし」
一般書店でも発売スタートとなりました。


5冊目といえど、毎度ドキドキの瞬間。

本の制作秘話などご紹介しようかな、とパソコンに向かうも、
ブログを書いては消し・・・

朝からなんだか落ち着かず、結局アトリエの掃除で
一日が終わってしまいました(笑)

制作秘話についてはまた落ち着いた頃(わたしが)、追ってご紹介させてくださいね。



そうそう、今回友社さんのご厚意で、
帯を付けていただいています。

初夏の爽やかなイメージにぴったりの、
スカイブルーの帯。

d0227246_17321818.jpg


なんと、推薦人は・・・
あのはまじさん!!

はまじさんといえば、
おしゃれに疎い私でもその名前は知っている有名なモデルさんで、
わたしにとっては雲の上の存在。

けれど、今ではまめぴーよりすこし小さい男の子のお子さんがいらっしゃって
彼女自身ていねいで地に足ついた暮らしぶりをされているのだとか。

今回担当いただいた友社の担当の方がはまじさんと仲良くされているということで、
お願いしていただいたところ快くOKいただいて。

帯を書いてくださることに決まったとき、
インスタやwebのコラムを拝見させていただき、
すてきやなあ、こんな方に書いていただいてうれしいなあ、と改めておもったのでした。



なんと今日はインスタでも告知していただきました!


d0227246_17321870.jpg


ていねいにご紹介いただいておもわず鳥肌・・・!
はまじさん、お忙しいのにほんとうにありがとうございます~;;



帯をとると裏表紙にちょっとした仕掛けが。

d0227246_17321923.jpg


お掃除するゴンとまめぴーが隠れています^^


予約販売をいただいて既にお届けした方からは、
続々とうれしいご感想をいただいています!

amazonでも早速レビューを頂戴しました。
ありがとうございます~

ご購入いただいた方がいらっしゃいましたら、
よろしければご感想をいただけるととっても励みになります。





by fu-ko-handmade | 2017-05-12 17:31 | 著作本

思いをのせて、本を届ける。

d0227246_15310876.jpg


わたしの5冊目となる本FU-KOさんの ぶれない暮らし」

一般書店、amazon等での発売日に先駆けて、
ショップでのご予約分を発送させていただきました。


d0227246_15280259.jpg

「ひとりサイン会場」の様子。
紙袋はゴミ箱がわり。手の届く場所にすべて用意して、できるだけ効率よく!

ただただ、孤独です・・・(笑)

d0227246_15280203.jpg


ご注文のときにいただいたメッセージの数々・・・

読んでいるとみなさまの気持ちがほんとうにあったかくて、
新しい本を楽しみにお待ちいただいていることがしっかり伝わってきます。

この感動を一人で味わうのがもったいなくて、
匿名で編集部の方にもシェアさせていただきました。



d0227246_15310811.jpg


サインをご希望いただいている方には、
いただいたメッセージにお返事するように、
お一人お一人にあててわたしの思いを綴らせていただきました。

1冊、また1冊と手元を離れていくたびに、
「どうかお役にたてますように」
「どうか心にひびきますように」
祈るような気持ちに。

改めて、本を出させていただくことの重みと覚悟を感じました。

みなさま、楽しみに待っていてくださり本当にありがとうございます。
まだまだ未熟なわたしですが、これからもわたしなりにがんばります。


そうそう、「ゴンとまめぴーも書いてください!」
とご希望があったので、二人にもサインしてもらいましたよ^^

d0227246_15280293.jpg
d0227246_15371634.jpg
二人とも真剣(笑)


d0227246_15310931.jpg

まめぴーは美濃羽家全員の絵を描いたとのこと。

ゴンのサインがいちばんサインらしいわ(笑)



書店での発売はいよいよ今週、
5月12日(金)となります。

また発売日前後にも、この本にかける気持ちなど、
このブログでお話できたらとおもっています。




そうそう、3月に発売させていただいた洋裁の本、
「男の子にも女の子にも、作ってあげたい服」について
エキサイトブログさんからインタビューをうけました!

編集部ブログにて記事にしていただいています。

エキサイトのトップページにも、大きなバナーを作っていただきました。
ありがとうございます~


d0227246_15451028.jpg



サイン入り本をプレゼントさせていただく企画も同時にスタートしていますので、
どうぞご覧になってみてくださいね。






by fu-ko-handmade | 2017-05-09 15:53 | 著作本

手づくり暮らし研究、はじめました。

d0227246_10431972.jpg
撮影:仲尾知泰



実は今年3月から、「手づくり暮らし研究家」と名乗っています。
プロフィールでお気づきになられたかたは相当のFU-KOファン(笑)

というのも、FU-KOとして活動をはじめて8年目、
洋裁の仕事もあるけれど、それと同じぐらい暮らし周りの仕事も増えてきて。

ハンドメイド作家なのに、子育てでひとこと言ってみたり、
ときに家事や収納のくふうについて文章を書いたり、
保存食作りについて熱く語ってみたり(笑)

それはてんでばらばらのことのようだけれど、わたしにとってはベースはすべておなじ。
どれも「なければ、自分でつくる」がスタートなのです。

こども服ブランドFU-KO Basics.は基本的に、
わたしひとりで作り上げることをモットーにしています。
したがって作ることのできる量は限られているけれど、
誰かの手を借りるのはなんだか違うな、と思うから。

巷には安くて品質のいい服があふれています。
好みに合わせてシーズンごとにおしゃれを楽しむのは、かんたんなこと。
汚れたら、破れたら捨ててしまえばいい。
けれどその服を着ていた記憶はどこか、おぼろげなのではないでしょうか。

そんな時代にあえて手作りの服を着ることに、価値を感じてくださる方がいらっしゃる。
「手づくり服があると、日常がかがやきます」そう言ってくださる方がいる。
そのことを大事にしたいのです。

ありがたいことに全国から個展の依頼をいただいているので、
もっともっとがんばって沢山の方にお届けしたいなあ、とは思います。

けれど、わたしが手づくりの服を通して何を届けたいかというと、
服そのものというよりは「手づくりのある暮らしの楽しさ」だから。
誰かの手を借りて作ることになれば、それは大量生産品と一緒になってしまう。

だから、わたしは今年から「手づくりの楽しさ」を研究し、
実験、検証して皆さんにその具体的な方法をお伝えしていくべく、
「手づくり暮らし研究家」になろう、と決めたのです。



その一つ目の仕事が、こちらの本づくりでした。

「FU-KOさんのぶれない暮らし」
d0227246_10432041.jpg
前書きから、引用します。

わたしにとっての幸せって、なんだろうと考えてみました。

たとえば、雲の陰からやわらかくお日さまがさして、
つやつやのごはんがゆげをたてて、
子どもの目がキラキラ輝いていること。

あるいは、
うつりゆく季節の流れを感じながら、
小さなことにも心を動かせるゆとりがあって、
夜はぐっすりと安心して眠れること。

時に大変なことがありつつも、
家族と笑い合いながら暮らし、手を動かし働いていけること。

それらはきっと太古の昔から変わらない、
とってもシンプルなことです。

でも、シンプルなことほど、
それを信じ続けていくことは難しいもの。

(中略)

多くの人が自分が本当にしたいこと、
しなくてはならないことを見失っているように見えるのです。

だけど、自分が幸せになれないのは、人のせいでも、
もののせいでも、社会のせいでもありません。

これをすれば、あれを持っていれば(もしくは、捨ててしまったら)、
もっと環境がよかったら、幸せになれるわけじゃない。

大切なのは自分のぶれない軸を持ち、
自分なりの幸せのあり方を考えること。
そう、思います。

幸せは、ぶれないわたしがつくる。
ぶれないわたしは、わたしがつくる。
ぜひ、あなたなりの幸せのあり方を見つけてください。




ぶれない自分なりの軸を持つことで、
暮らしをもっと好きになれる、幸せを実感できる。
そしてそれは自分で「作る」ことができる。

まさに、わたしのいまの「手づくり」の研究結果を、
洗いざらい出した本に仕上がっているかと思います。



d0227246_10460112.jpg
撮影:仲尾知泰


中身をすべてお見せできなくて心苦しいのですが、
1年前に出版させていただいた「小さなくふう、ていねいな暮らしのつくり方」の本が
わたしの町家でのライフスタイル一般を扱っているとしたら、
今回の本はその芯となる、哲学のようなものご紹介している本です。


d0227246_10432088.jpg
撮影:仲尾知泰


暮らしや道具えらび、子育て、生きかたについて書き綴ったトピックは全部で55。

わたしが暮らす上で具体的に何に困って、どういう経過を経て今に至るのか、
その過程をできるだけ詳しくご紹介することを心がけました。


d0227246_10432074.jpg
撮影:仲尾知泰



どれも具体的で個人的なことなので、それがそのまますぐに皆さんの参考になるとか、
暮らしのヒントになるというものではないと思います。

そして、特段おしゃれでもないと思います(笑)


d0227246_10432084.jpg

けれど、自分なりの暮らしを探して悩んでいる方が
「そういうふうに考えたらやりたくなるかも!」とふわっと気持ちが楽になるように、
一歩踏み出してみようかな、と思っていただけるように・・・

悩み、不安でいっぱいだったかつてのわたしに手紙を書くように、
この本を作り上げてきました。


d0227246_10460183.jpg

家族とわたしの写真はEmiさん本でおなじみ、仲尾さんに撮りおろしていただきました。
ありがとうございました^^




その本を今回、
友社さんに無理を言って、限定数で仕入れさせていただくことができました。

一般書店での発売は5月12日ですが、
いつもブログで応援くださっている皆さまに一足先にお届けしたくて、
書店での発売に先駆け、FU-KOのショップにてご予約をお受け致します。
おそらく発売数日前にはお届け可能かとおもいます。

ご希望いただきましたらサインやメッセージをお付けしてお届け致します。
備考欄にお書き添えくださいね。

大変恐縮なのですが、FU-KOショップはカード決済が使えないため、
お支払いは銀行振り込みのみとなってしまいます。

しかも送料がかかりますし、本だけが欲しいという方はネット書店で、
amazonでも予約がはじまってます。)
中身を読んでから購入を決めたいという方は一般書店でご覧下さい。



それでは、ご予約をお待ちしております!





そうそう、きょう21時半から放映の「すてきにハンドメイド」でも、
「手づくり暮らし研究家」と名乗らせていただいてます。

杉浦さん「めずらしい肩書きですね!」と驚いておられましたよ~(笑)





by fu-ko-handmade | 2017-04-20 10:15 | 著作本

Vネックカーディガンについてのお知らせ。




d0227246_14322384.jpg

「男の子にも女の子にも作ってあげたい服」について
Vネックカーディガンのリブ寸法の誤りが判明致しました。

校正時にすでに判明しており、訂正の指示をかけていたものの、
連絡の行き違いがあったようで修正されておりませんでした。

すでに作っていただいた方におかれましては、本当に申し訳ございません。


ほかの訂正箇所とあわせて、こちらをご覧ください。


by fu-ko-handmade | 2017-04-01 14:34 | 著作本

著書についての訂正とお詫び。


d0227246_11374928.jpg

男の子にも女の子にも、作ってあげたい服」初版本につきまして、
誤りがございましたことをご報告致します。

以下の通り、訂正とお詫びをさせていただきます。


******


●P.54コックさんブラウス前立ての寸法に誤りがありました。(初版のみ)
(誤)33/35.5/38/40.5/43/45.5/48/50.5
(正)31/33/35.5/38/40.5/43/45.5/48


●P.57ビッグシルエットTシャツ①袖の印の前後が逆になっておりました。(初版のみ)
正しくは、向かって右が後ろ、左が前になります。

②後ろ身頃の肩線が5mm長くなっておりました。
肩線と衿ぐりを5mmカットし、衿ぐりをつなげ直してください。




●P.57ビッグシルエットTシャツ



●P.74Vネックカーディガン(初版、2刷とも)

衿リブの寸法
寸法、布の種類は下記の通りになります。
(100、110サイズは2枚、120~150サイズは3枚をはぐ)


 

以上、お詫びして訂正致します。



合わせて日本ヴォーグ社のHPでもご確認ください。
http://book.nihonvogue.co.jp/teisei
本のコード80546を入力してください。


******


この作品を早速作ってくださり、製作のお手を止めてしまった方には、
本当に申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます。

また、こちらは内容に関する訂正ではないのですが、
以前お知らせしておりましたタイパンツの80と90サイズの製図方法について、
記事に追加させていただいています。


ご希望の方はこちらからご覧ください。




FU-KOのfacebook
by fu-ko-handmade | 2017-03-14 11:38 | 著作本

著書の生地をご紹介いただいています。

d0227246_10464857.jpg


新刊男の子にも女の子にも、作ってあげたい服」

発売にともなって、生地を提供いただいたお店にて
作品作りに使った生地をそれぞれご紹介いただいています。



まずはCHECK&STRIPEさん。

d0227246_10465728.jpg

3月の新しい布のなかで、ページを作ってご紹介いただいています。
本当にありがとうございます。

わたしがネットショップを始める前から、
C&Sさんの作られる生地が大好きでよく利用させていただいていました。
それだけに、逆にわたしの名前があるのが不思議なきもちです。



次に、生地の森さん。

d0227246_10465757.jpg

同じく専用ページを作ってご紹介いただいています。
ありがとうございます。



そして、fabricbirdさん。
d0227246_10465721.jpg


TOPページ
で大きく取り上げていただいています。
ありがとうございます!



どのお店も春にむけて新しい生地がたくさんご紹介されていて、
わたしも思わず見入ってしまいます^^

どうぞご覧になってみてくださいませ。



FU-KOのfacebook
by fu-ko-handmade | 2017-03-10 10:58 | 著作本

新刊、増刷のおしらせ。

d0227246_12041431.jpg


昨日の夜、浦崎さんからご連絡をいただいてびっくり!

新刊男の子にも女の子にも、作ってあげたい服」が、
発売後5日で2刷決定となりました。

最初の本が1ヶ月弱で、二冊めが2週間ほどで再版となっていたと記憶しているので、
はるかに上回るスピードで。

ご購入下さいました方々、そしてブログやインスタなどでお知らせくださったみなさま、
ほんとうにありがとうございます。



インスタグラムではもうすでに作ってくださった画像が沢山!

#男の子も女の子も作ってあげたい服
d0227246_12041300.jpg


わたしも実はひそやかにアカウントを作っていて・・・
(ガラケーなので友人から譲ってもらったipadで)
陰でこっそりと眺めさせていただいています^^

皆さんの投稿を拝見していると、
新刊を楽しみにお待ちいただいていたようすがうかがえて、
この1年、こつこつ本作りを続けてきてほんとうによかったなあ、
と苦労が報われる思いです!



d0227246_12041430.jpg

インスタを拝見する限り、人気なのがコックさんブラウス、
そしてゆるサルエル。


d0227246_12145759.jpg

折り紙ブラウスも沢山作っていただいていました。



d0227246_12041307.jpg

クロスショルダーサロペットも人気ですね。
柄物で作られている方もいらっしゃってすてきやったなあ。

あ、「大きめサイズを作ったので肩紐がずれおちてしまう」
という方がいらっしゃいましたが、その場合は後ろのあき部分を上に5cmほど
縫いとめてみてください。ずれ落ちにくくなりますよ。


d0227246_12041389.jpg

プルオーバーも何名か作っていらっしゃいました。

今回の本は比較的パーツも少なく、工程も簡単なものが多いですが、
このプルオーバーは開き部分の縫い方がこれまでに無いものだったので、
写真つきでていねいに紹介しています。

写真どおり縫い進めていただければ完成しますので、
難しそう・・・と思っていらっしゃる方もぜひチャレンジして見てくださいね。


d0227246_12045846.jpg

ワンピース丈にしても可愛いですよ♪



初版本に関してひとつお詫びがございます。
コックさんブラウスの前たて部分なのですが、
先日浦崎さんから連絡があり、縫い代も入った寸法で裁ち方図に記載しているとのことでした。

恐れ入りますが作っていただく際には余り分(1cm)をカットして使ってくださいませ。
お手数をお掛け致します。


d0227246_12273382.jpg


先日年度末恒例、申告書を提出。
今年で7回目の申告、ちょっとは慣れてきたのか今回は1日半でなんとかなりました。

とりあえず大物は片付いたけれど、気づけばあとすこしで春休み・・・!

休みの間ゆっくり子ども達と過ごせるように、
楽しみにしながら日々がんばりたいとおもいます。




FU-KOのfacebook
by fu-ko-handmade | 2017-03-09 12:21 | 著作本


手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO

お知らせ



プロフィール

・お気軽にメール下さいね^^*


【著書】

楽天
amazon


楽天
amazon


楽天amazon


楽天amazon


楽天
amazon


[お詫び]
「作ってあげたい、女の子のお洋服」
初版~四刷をお持ちの方には
大変申し訳ございません。
訂正箇所がございます。
こちらからご覧くださいませ。

・エキサイトさんで
ご紹介いただきました。

エキサイトブログ ブロガーの本ご紹介


コラム掲載しています。


【掲載いただきました】















これより前のメディア掲載は、
こちらからご覧ください。

・FU-KOのshop

↑お休み中です。

・2009年3月~2011年3月の
ブログはこちら

ブログジャンル

子育て
ハンドメイド

記事ランキング

最新の記事

これからを、かんがえる。
at 2017-07-21 12:03
東京での、熱い三日間が終わり..
at 2017-07-19 10:53
明日から東京です!
at 2017-07-14 10:33
いいかげんで、ほんのりていね..
at 2017-07-12 13:35
向き合うよりも、寄り添うこと。
at 2017-07-10 13:35

カテゴリ

全体
はじめまして
著作本
パターン(型紙)
ハンドメイドショップ
お客さまお写真♪
ハンドメイド
くらしのこと
おだいどこ
好きなもの
コーディネイト提案
よそおい
おでかけ
おかいもの
子どもとのこと
発達障がい
ゴン
まめぴー
coconoteさん
nunocotoさん
カメラ
ウォルドルフ人形
雑貨市
雑貨市作品
プレゼント企画
メディア掲載
個展・イベント
ちっちゃいパレード
プロフィール

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

フォロー中のブログ

Honey Ant
やわらかな風の吹く場所に...
百田千峰の桃色日記
風子ノート
catica (amim...
3Lucarnes
Today'sとうもん
OURHOME
+[a]のひきだし
西本喜美子の創作生活
あゆみ はるか かなたへ...
peddyのくまちゃん ...
片付けたくなる部屋づくり
SOIL WORK
自家製天然酵母パンと菜食...
ciao!
平屋でうらら
豆花のおはじき
Lily&Lune
kokoro
ラムネとめがね
沖縄移住記 Holoho...
葉っぱさらさら
chuーchuダイアリー
なのはな便り
笑フ門ニハ福来ル
nos petite l...
Je me calm~J...
chaton*ronron
ゆったり*のんびり
コハニコニッキ
chickchicknu...
ワタシヲツクルジカン
カフェオーレのひととき
日々。
MULBERRY MOM...
いろいろ*イロドリ
shirocoro日記
bouちゃん母日記
*rosui's stu...
ゆるりのつぶやき
子どものいる暮らし。
今日のすーさん
cafe屋
rinpotage
てんと、こてん。
きらきら、ゆらゆら
アトリエ ギンノカクレガ
はじめは一つのことばから...
ふくわか洞 盆栽店
18時からのおうちくらし。
Marin Sweets
merci +chouchou
ぼちぼち*暮らそ。。
私につながるすべてのもの...
neri
日々の根っこ

外部リンク

検索