カテゴリ:メディア掲載( 40 )

地方で暮らすということ。


d0227246_11365021.jpg


SNSではすでにお知らせしましたが、
地方での暮らしをテーマにした雑誌TURNS (ターンズ)に掲載いただきました。



d0227246_11365042.jpg



地方で楽しい取り組みをされている方、
革新的な仕事をされている若い方。


d0227246_11365078.jpg


尊敬する人生の先輩たちの記事にまじって、
8P取り上げていただいています。

京都という「地方」で、昔ながらの「町家」に住み続けて、
わたしのなかに育っていったものを、暮らしぶりを軸にまとめていただきました。


便利な都会ではなく、それ以外の場所で暮らすことを選ぶ生きかた。

一般的には避けられるような不便や面倒をあえてえらびとり、
そのなかに新たな価値観や魅力をさがしていくこと。

わたしは両親が岐阜うまれなので、生粋の京都人ではありませんが
(京都では3代前から住んでいないと京都人ではないそうです。笑)
京都のひとはどうも「やせがまん」が人となりの本質のような気がしていて。

たとえば流行りもんが東京とはちょっとちがうこと。
(都は東にうつったけど、やっぱりほんまもんの都は京都だと思っているから?)
外では晴れやかにして、内では「しまつ」を心がけ、質素なこと。

また、過剰で華やかなしつらいよりも、
簡素ななかに一輪の花があることが粋とされること。
厳しい自然を相手に戦うことなく、暮らしの中に取り入れて共存していくこと。

それから、「むこう三軒両隣」ということばにもあるように、
プライバシーがない町家や長屋でのくらしを、
お互いに助け合いながら、ときに本音を隠しながら続けていくさま。

そこにはちょっぴり「やせがまん」とか
「ええかっこしい」(格好つけ)のきもちがあるような気がしています。

反対に、
現代においては、楽ちん、便利、がいっぱい。
粋か粋じゃないかは気にされることはないし、
自然でさえ、封じ込め、制するもの、という考え。

悲しいことに、いかに手間をはぶくか、楽をするかにばかり、
焦点があてられている気がする。

けれど、京都のひとが得意としてきたことは、
便利なものや分かりやすいものに安易にとびつかず、うけつがれてきたものを大切にし、
今ある環境のなかで心地よくなれるくふうを考えること。

最初は「やせがまん」なのかもしれないけど、それがだんだんと身についてきて
美しい調和をみせるときがある。
それが、文化というものなのかも。

もしかしたら、
これからの時代に必要とされているスタンスなのかもしれません。


そうそう、このカットが表紙にきまったと聞いたとき、
やってみたかったこと。
d0227246_11502429.jpg

ドロステ効果(笑)。




おまけ。
d0227246_11364952.jpg


きのうはとーちゃんの51回目の誕生日。
飾りつけはゴンにおねがいしました。


ケーキは買ってくる予定やったんやけど、
偶然近所にあるケーキ屋さんが二軒ともお休み。

どうしよう~と思っていたら、ゴンが「いい考えがある!」

d0227246_11364997.jpg


フルーツだけで出来たケーキ。

しかも、とーちゃんの分だけじゃなく、
ゴンのもまめぴーのも!

51歳のとーちゃん、「胃もたれせーへんわー」と好評でした
(笑)




☆イベントのお知らせです


instagram





by fu-ko-handmade | 2017-06-22 11:58 | メディア掲載

本日、テレビ大阪出演致します。

d0227246_09545570.jpg

告知がぎりぎりになってしまいました!

本日、5月30日(火)17:15〜17:30「ニュースリアル」にて
雑誌「きらり。」編集長である朝倉美保さん、
メンバーの前田マリアさんとともに、テレビ出演させていただきます。


今回の取材内容は、雑誌「きらり。」vol.2の制作風景をまとめたもの。
4日間にわたる撮影でしたが、放送は5分ほどにぎゅっと凝縮されているそうです。

テレビ局の記者さんは、
朝倉さんがvol2の取材のために行った高知にも同行取材されたのだとか。
(取材の取材って、ふしぎ。笑)

次に、マリアさんのご自宅での座談会の取材。
また、先週わたしたちメンバー3人での編集会議。
わたしはそのシーンでちらりと映っているとおもいます。


d0227246_09545441.jpg


さて、このブログにもちょくちょく出てくる
「きらり。」編集長の朝倉美保さん。
そういえば改めて彼女のことを紹介したことがなかったかな?と思い、書いてみますね。


彼女とはかれこれ、25年もの長いつきあい。
仕事や引越しなどで疎遠になる時期もあったけれど、
ずっとお互いを見守り続け、時に悩みをうちあけてきた親友。

彼女は発達障がいと双極性うつの当事者でもあります。
発達障がいは、ものの見方や感じ方が普通の人とは大きく異なります。
脳の機能性障害といわれ、治るものでもなく、改善するものでもありません。

けれど彼女はその症状も、二次障がいであるうつとも上手くつきあいつつ、
自分らしい働き方、生きかたを模索しつづけていて、
一見すごくエネルギッシュでポジティブな女性にみえます。

けれど、やはり障がいは障がい。
季節の変わり目に極端によわかったり、偏食がすごかったり。

また、発達障がいの一つの特徴である「過集中」がひとたび作動すると、
すごい能力を発揮するのですが、余力を計算するということができないので、
事が終わったとたん、疲労感で動けなくなるんですよね。
それが度重なると、見事にうつが悪化します。

けれど、
そのことを過度に悲観したり、なかったことにしていないのが彼女のすごいところ。
10年以上苦しんでいるうつを「治る気がしねぇ」と一蹴してみたり(笑)
過集中のあとの疲労感を「しかばね状態」と呼んでみたり。

そんなふうに時に自分の障がいを笑い飛ばし、
面白がり、自分を客観視できる「当事者らしくない当事者」なのがすごくいいなあ、
とおもっていました。


けれど、まさか将来、
一緒に仕事をすることになるとは思いもよらず。


そのきっかけをくれたのは、前田マリアさん。



もともとFU-KOの服を買ってくださっていたお客さまであり、
何年か前からこのブログのファンでもいてくれたひとりの女性。

が、ふとしたきっかけでマリアさんとメールのやりとりをするようになり、
さりげない会話のなかで「発達障がい」というキーワードに、
ピンときたのが事のはじまりでした。

マリアさんも三人のお子さんがおられ、長男くんが発達障がいと診断されています。
彼女は当時、大阪で「小さな森」という子どもの発達障がい支援活動をされていて、
地域での活動やブログでの発信をスタートされていたころ。

「ふたりが出会ったら、きっと面白いことが始まるにちがいない!」
そんなワクワクを抑えられず、

「よかったら、こんな人がいるんだけど会ってみてもらえませんか?」
と朝倉美保さんを紹介したのでした。


d0227246_09545440.jpg


案の定、ふたりは意気投合!
「障がいの正しい知識を伝えたい!」
「障がいがあっても楽しく生きる姿を伝えたい!」
と、大いに盛り上がったのです。

そしてわたし自身、ゴンの発達障がいについて二人に相談するうちに、
なぜだかメンバーに加わっていて(笑)

出会って約1年後、あれよあれよと言うまに出版社ができ、
障がい専門雑誌を刊行することになり、障がいや子育てにまつわるイベントも企画、開催することに。

ホント、
びっくりするぐらい「その気になるのが早い!」3人。

お互い仕事や子育てやらで毎日忙しくはしてるけど、
悩まないし、愚痴も言わないし、くよくよ人とくらべて落ち込んだりもしない。

とにかく行動あるのみ!
なので、どんどん楽しくて前向きなアイデアがわいてくるのです。


d0227246_09545507.jpg


わたしたちの活動は、
ともすると世間一般では「暗い」「辛い」イメージのある「障がい」がテーマです。

なのに、わたしたちの会話はからりと明るくて、ざっくばらん。

障がいを悲観するでもなく、世間から閉ざされたものにするのではなく、
もっと前向きに、魅力あるものごととしてとらえられるような、
そんな人が増えるといいな!というモチベーションでやってます。

だから一度、この3人の会議風景(おばちゃんのかしましいおしゃべり、とも言う。笑)
を皆さんにお見せしたいなー!と思っていたので、
今回の取材はとってもいい機会になりました。

取材にこられた方も、3人のパワーにきっとびっくりされていたとおもいます(笑)



放送はもうまもなく!
本日夕方のお忙しい時間帯ですが、是非ご覧になってみてくださいませ。


5月30日(火)17:15〜17:30「ニュースリアル


関西のみの放送なので、放送後みのりのHPにて動画を配信予定です。
お楽しみになさって下さいね^^




by fu-ko-handmade | 2017-05-30 16:39 | メディア掲載

「大切なものを直して長く使う本」掲載のおしらせ。

d0227246_16380107.jpg

宝島社さんから出されている大人のおしゃれ手帖、
特別編集ムックの「大切なものを直して長く使う本」
6P掲載いただきました。

なんと表紙にも使っていただいて・・・!
ありがとうございます。

d0227246_16380110.jpg


タイトルどおり、長く愛用している品や、
その修繕方法などについて取材をお受けし、まとめていただきました。



d0227246_16380142.jpg

無垢の家具や洋服の直し、染め替え、
町家のお手入れ方法などご紹介しています。


ほかに取材を受けられているのは、
名だたる有名な方々だったり、憧れの人生の先輩方。

そんななか、わたしのような若輩者が肩身狭そうにおさまっております(笑)
よろしければ、本屋さんでお手にとってくださいませ。




何でも手に入る豊かな時代だからこその光と影なのか、
人と物とのつきあいかたを考えさせられる機会は多いですね。

断捨離やミニリズムなどのムーブメントがおこるぐらい、
沢山の人が悩んでいるポイントなのでしょうか。

以前新聞で目にしたんですが、禅のお坊さんが
「物を持ちすぎるのも執着だが、捨てすぎるのもまた執着である」
と言っていたのが印象的でした。

わたしは物でも人でも、出会いには少なからず縁があるとおもうので、
壊れたから、気に入らなくなったからといって簡単に手放すのは
なんだかなあ、と思うのです。

壊れたなら修繕して使い続けたり、
気に入らない場所があるなら手をくわえて自分になじませていけばいい。
すこし寝かせて、また機会があれば使ってみるのもいい。

物との距離は、自分が一歩ふみだせば、縮まるんじゃないかな。
(それはきっと、人との距離だって!)


他にも簡単ですぐに真似できそうな修繕やDIYの方法が
沢山紹介されていて、読み応えたっぷりでした。

d0227246_16380060.jpg


やってみたいな~、と思ったのが、
金継ぎ図書館の深澤さんが紹介されていた、
痛んだカトラリーを漆塗りで仕上げるというもの。

かぐれさんが紹介されていた野菜の皮で洋服を染めるのもやってみたいなあ^^




by fu-ko-handmade | 2017-05-22 17:06 | メディア掲載

Como春夏号掲載いただきました。

d0227246_16533136.jpg
d0227246_16533261.jpg
d0227246_16533293.jpg

あさって発売となる「ぶれない暮らし」の本のために
昨年からずっと連載を続けさせていただいた雑誌como。

連載の最後のしめくくりとして、3P掲載いただきました。

実はこの号でComoさんは最終号となってしまいました。
長年沢山の親子をみつめ、愛されてきた雑誌。
最後に掲載いただいたことを光栄におもいます。

Como編集部はこれからはweb媒体や単行本の編集などで、
再出発をされていくそう。
一つの終わりは、一つのはじまりですね!

最終号はモデルさんなど沢山の著名なママさんのインタビューが掲載され、
大変読み応えのある1冊だとおもいます。
ぜひお手にとってくださいね。




by fu-ko-handmade | 2017-05-10 16:57 | メディア掲載

NHKスタジオ収録でした。

d0227246_13371156.jpg

4月20日放映の「すてきにハンドメイド」。
昨日、NHK大阪でのスタジオ収録に行ってきました。

大阪の地下鉄に乗るのが久しぶりすぎて、
あっちこっち迷ったり、間違えて途中で駅から出てしまったり(笑)
なんとかたどり着くことができました。

写真は、スタジオのある13階から見えた大阪城。
高層ビルの近未来感とのギャップに萌え・・・
桜が満開できれいやったなあ。


d0227246_13371103.jpg


広い楽屋をご用意してくださっていました。

思ったより待ち時間があったので、
念のために持っていった校正紙を広げて仕事がはかどりました。


朝9時スタートでメイク、打ち合わせ、休憩を挟んでリハーサル。
その後すぐに本番撮影。

話には聞いていたのですが、NHKさんはテープカットなしの
24分通しの一発収録!(驚)

今年いちばん緊張しましたが、担当下さったアナウンサーの杉浦さんと
前回も担当いただいた奥野史子さんの軽快であたたかな雰囲気のおかげで、
リラックスして本番を迎えることができました。

大きな間違いもなかったようで、無事収録終了。
まめぴーのお迎えに間に合ってよかった・・・

d0227246_13371108.jpg

最後にプロデューサーさんと記念撮影。

わたし、いつもの5倍増しのメイクをしていただいたので、
顔だけ派手派手です・・・(笑)


d0227246_13371191.jpg

スタジオショップがあったので、子どもたちにお土産を買って帰りました。
キッズコーナーに置いてあった「どーもくん」のお手玉が可愛かったです^^


d0227246_13371226.jpg


家族が起きる前に家を出たので、朝食を用意。

卵焼き、帰ってゴンに「美味しかった?」と聞いたのだけど
「眠くて覚えてない」やって。
がーん(笑)


そうそう、テレビ放映ではテキストには載せていないアレンジもご紹介しています。

d0227246_13545860.jpg

今回出演させていただいた「すてきにハンドメイド」
タイトルは「美シルエットのワンピース」

初夏にぴったりのシンプルなワンピースと、
同じ型紙でできるブラウスの作り方をご紹介させていただいています。

放映は4月20日、夜21時30分の予定です。
再放送もございますので、どうぞご覧になってくださいね。




by fu-ko-handmade | 2017-04-11 13:55 | メディア掲載

すてきにハンドメイド4月号掲載のおしらせ。

d0227246_12144986.jpg

すてきにハンドメイド4月号に掲載いただきました。


d0227246_12144995.jpg

今回は初夏にさらりと着られる、Vネックのワンピースを。


d0227246_12144850.jpg

今回三世代でも着られる美シルエットのワンピース、と銘打って、
おそろいを楽しめるようデザインしました。

大人はS~LL、子ども用は110~130サイズ。
アレンジでブラウスも出来るのです。

年明け、東京出張へ行ったのはこの件でした。
大雪のなか新幹線で東に向かったのが、遠い昔のようです。


実は今回も掲載だけでなく、TV放映もあります!

昨年出演させていただいたすてきにハンドメイド、
おかげさまでとても反響があったようで、今回もお声をかけていただいて。
ありがたいです。

収録はじつは明日と、4月の2回に分けて。
4月の収録は初めてのスタジオ撮影。ドキドキです・・・!

放送は4月20日の予定です。
お楽しみになさって下さいね。


d0227246_12144836.jpg

5月発売の暮らしの本、週明けの校了にむけてふせんいっぱい、
どこもかしこも赤字だらけです・・・

どれだけ直しても納得いくことはないのだけれど、
ぎりぎりまでねばって、出来るだけいいものにしたいと思います。



by fu-ko-handmade | 2017-03-25 12:30 | メディア掲載

今月の掲載誌のお知らせ。

d0227246_10313543.jpg
今月発売の二つの雑誌に掲載いただきました。

まず、Como (コモ) 2017年 03月号

d0227246_10313548.jpg
comoさんでの連載も早くも第五回となりました。

今回は朝食づくりについてのお話。
わが家の、がんばらないでもそこそこ満足できる(笑)
朝ごはんづくりの方法を書かせていただきました。


もう一冊が、わたしたちの無印良品ライフ
d0227246_10390847.jpg
ほんのすこ~し掲載いただいているだけなので、
もし本屋さんに行かれることがあればめくって見つけてやってください(笑)


素敵な方々の暮らしの中の実例が沢山載っていて、
ひさしぶりに無印に行きたくなりました。


無印良品といえば・・・とあるWEB媒体で良品計画の企画室、
矢野道子さんの講演記事を読み、ふかく心にのこったフレーズがありました。

無印が目指すのは「これがいい」ではなく「これでいい」。

以下、HPにある「無印良品からのメッセージ」より。

無印良品が目指しているのは「これがいい」ではなく「これでいい」という
理性的な満足感をお客さまに持っていただくこと。
つまり「が」ではなく「で」なのです。 

しかしながら「で」にもレベルがあります。
無印良品はこの「で」のレベルをできるだけ高い水準に掲げることを目指します。

「が」には微かなエゴイズムや不協和が含まれますが「で」には抑制や譲歩を
含んだ理性が働いています。

一方で「で」の中には、あきらめや小さな不満足が含まれるかもしれません。
従って「で」のレベルを上げるということは、このあきらめや小さな不満足を
払拭していくことなのです。


「これでいい」って、なんだかとてもしっくりくる。

諦めや妥協ではなくて、これがベスト、これでなくちゃ、でもなくて、
しなやかで優しいかんじ。

物づくりにかぎらず、人とのコミュニケーションにおいても、
大事なことだとおもうのです。

そういえば、無印良品もわたしとおなじ1980年うまれ。
わたしもしなやかな「これでいい」をつくっていこう。




FU-KOのfacebook
by fu-ko-handmade | 2017-02-08 10:50 | メディア掲載

&HOME(vol.52)掲載のお知らせ。

d0227246_15174868.jpg

エフジー武蔵さんのインテリア雑誌、
&HOME(vol.52)に掲載いただきました。


d0227246_15174714.jpg


昨年夏から連載を続けさせていただいている、
「FU-KOさんのわたしの心がけ」。


前からこのブログでも何度かお話させていただいていますが、
たいていのお宅には当たり前にあるだろうけど、
我が家には無いものがいくつか。

たとえば、三角コーナー、傘たて、車、炊飯器。
そういえば、スマホだって無いなあ(笑)

さぞ不便だろうと思われるかと思いますが、
特に無理をしているわけでもなく、「困った!」をきっかけに物の使い方を見直し、
このスタイルにおちついたという感じです。

そんなわたしの今回の連載テーマは「ゴミ箱を置かない、という選択」。

掃除とゴミ箱の関係についてお話させていただいています。
よろしければご覧ください。



話はまったくかわりますが、こないだのお風呂上りのまめぴー。
d0227246_15174809.jpg

ゴンにつくってあげたキャップをしれっとかぶっていました。
ゴンに見つかったらおこられるぞ~

なんだか彼がかぶると、サンタさんというよりこぶとりじいさん(笑)


d0227246_15174801.jpg

得意の「あい~ん」(笑)


あ、昨日の洗濯機についての記事、思ったよりも反響が大きく、
ご興味をもってくださっていて嬉しいです!

機会があれば残りの魅力についても、近々語れたらと思います^^


FU-KOのfacebook
by fu-ko-handmade | 2017-01-19 15:28 | メディア掲載

新年ご挨拶、そしてテレビ出演のお知らせ。

d0227246_1128095.jpg

d0227246_1128845.jpg


あけましておめでとうございます。

晦日飾りとなってしまいましたが、
どうにかお正月仕様となった我が家です^^


昨年度はライフスタイルの本を出版させていただいたことがきっかけで、
本業の洋裁以外のお仕事を沢山いただくことになり、
仕事と暮らしを改めて見直すきっかけとなりました。

今もまだ正解が出ていない部分もあるし、
発展途上の部分もある。

それでも、これがベストというやり方は、少しずつ形作られていくのだと信じて、
本年は、より自分のペースを大事に進み続けていけたらと思っています。

皆様、どうぞ今年もよろしくお願い致します。


昨年秋に撮影させていただいた我が家でのテレビ撮影、
気づけばまもなく放映日!

月日のたつのは本当に早いです・・・
d0227246_113457.jpg


今回出させていただくのは「趣味どきっ!」という番組。

9月に出演させていただいた「素敵にハンドメイド」とはスタッフさんも違い、
制作スタイルもまったく違うもの。


d0227246_11421480.jpg

早朝から夜にわたる撮影だったため、
昼間の自然光を再現するために、吹き抜けに照明を取り付けているところ。
アクティブな女性スタッフさん、素敵です!


今回のスタッフさんは映像美をモットーとされているらしく、
光の表現や映像の作りこみに対するプロの技の数々は、大変興味深くって。
そばで見ている私も、とても楽しい一日を過ごさせていただきました。

リポーターとして来ていただいたバッファロー吾郎、竹若さんとも、
趣味だというハンドメイドや家族との過ごし方について、
収録中以外にも気さくにお話をさせていただいたのが印象深かったです。

私はまだ編集後の映像を見ていないのですが、
そんなあったかな雰囲気がお伝えできているといいな。

放送は1月4日(水)Eテレ 21:30~
「趣味どきっ!~幸せになる暮らしの道具の使い方」


お正月明けでみなさまお忙しい頃かと思いますが、
よろしければご覧になってみてくださいね。


本来なら本日、毎年恒例のあの企画をアップするつもりだったのですが、
我が家はこれから双方の実家へ帰省のため、時間切れ・・・

お正月明け、お年玉企画としてスタートさせていただきますね。
ご期待ください!



FU-KOのfacebookはじめました。最新情報をお知らせしています。
by fu-ko-handmade | 2017-01-01 12:18 | メディア掲載

わたしとモノとの付き合い方。

d0227246_1027189.jpg


わたしのモノ選びは、時にじっくり。
時にさっぱり。

古いものや手仕事のものが好きなので、
時間をかけて選んでいるのですか?と聞いていただくことが多いですが、
実は全ての場合そうでもなく。

ふらりと入った雑貨店でたまたま目にしたものだったり、
旅先で手に取ったものだったり。
ネットショップで買ったものもあれば、近所のホームセンターでみつけたものも。

はたまた、粗大ゴミの日に道端に捨てられていたのを見て、
持ち主にお願いして持って帰ってきたこともあります。
節操ないですね(笑)

d0227246_10272723.jpg


その際にルールにしていることは特になく、
やっぱり「縁」なのだと思います。

新品ならば、できれば使っていて手に馴染むよう、無着色のものがいいし、
作った人の思いも一緒に使っていけたら何よりだから、
作家さんのものであればなおいい。

使う風土に合っているから、国産のものであるのがベストです。
かごや工芸品なんかは、やっぱり受け継がれてきた技術もあるし、
若い作り手の人を応援したいという気持ちもあります。

d0227246_10532480.jpg


だけど、これでなくては!と自分にとって完璧なものを求め続けるのは、
こだわりなく安価なものを使い捨てするのと同じぐらい、エゴなんじゃないかな。

たまたま、縁あって私のところに来てくれたモノたち。
そしてそれは値段や品質に関係なく、大なり小なり、
幾人かの人々の思いがあり、手をかけられて生まれてきたのだと思います。

だから、ここが気に入らない、あれが好きじゃない、
と勝手な理由を付けて手放してしまうのは、なんだかすこし寂しい気がして。

わたしがなかなかモノを捨てられないのは、これが理由やなあ。


d0227246_10533449.jpg


それならば、使う場所を変えて。使い方を変えて。
自分で手を加えて、アレンジして。

モノを私になじませるのではなく、私がモノになじんでいく。
付き合い方を変えて、できるだけ使い切った状態で手放す。

手放したなら、すぐに同じものを買い足すのではなく、
無い状態をしばらく味わい、より自分にフィットした暮らしをイメージし、
新たにモノとの付き合い方を考えていく。

たぶん、戦時中苦労した母に「モノを大事にしないと化けてでるよ」って
さんざん脅されてきたからかもしれません(笑)

でも、モノを大切にすることで、モノもわたしを大切にしてくれる。

そんな気がするのです。


d0227246_10535113.jpg


そんな、モノと私との付き合い方を、夏の終わりにNHKさんに取材いただき、
本日テキストが出版されました。

d0227246_11203942.jpg

幸せになる暮らしの道具の使い方。


今回、わたしの本をたまたまご覧になった担当の方から、
ご連絡をいただきまた。

他にそうそうたる達人の方たちが登場されているので、
私なんぞが場違いでは・・・とためらい、最初はお断りしようかと思ったのですが・・・

ご担当の方が
「大きな家でなくても、子どもがいても、高価なものを持たなくても、
自分らしく暮らされているからこそ、ご紹介したいんです!」と熱く言ってくださり、
それならば、とお話をお受けすることにしました。

Eテレにて放映もあり、そちらは来年1月の予定です。
また日が近づきましたら撮影時の様子なども交えて、こちらでご紹介しますね。



FU-KOのfacebookはじめました。最新情報をお知らせしています。
by fu-ko-handmade | 2016-11-25 11:16 | メディア掲載


手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO

お知らせ



プロフィール

・お気軽にメール下さいね^^*


【著書】

楽天
amazon


楽天
amazon


楽天amazon


楽天amazon


楽天
amazon


[お詫び]
「作ってあげたい、女の子のお洋服」
初版~四刷をお持ちの方には
大変申し訳ございません。
訂正箇所がございます。
こちらからご覧くださいませ。

・エキサイトさんで
ご紹介いただきました。

エキサイトブログ ブロガーの本ご紹介


コラム掲載しています。


【掲載いただきました】















これより前のメディア掲載は、
こちらからご覧ください。

・FU-KOのshop

↑お休み中です。

・2009年3月~2011年3月の
ブログはこちら

ブログジャンル

子育て
ハンドメイド

記事ランキング

最新の記事

わからない、だから歩み寄る。
at 2017-06-26 13:53
地方で暮らすということ。
at 2017-06-22 11:58
あの汚れを簡単に落とす方法。
at 2017-06-20 11:17
ラグ一枚で変わること。
at 2017-06-16 11:58
7月のイベントのおしらせ。
at 2017-06-13 10:35

カテゴリ

全体
はじめまして
著作本
パターン(型紙)
ハンドメイドショップ
お客さまお写真♪
ハンドメイド
くらしのこと
おだいどこ
好きなもの
コーディネイト提案
よそおい
おでかけ
おかいもの
子どもとのこと
発達障がい
ゴン
まめぴー
coconoteさん
nunocotoさん
カメラ
ウォルドルフ人形
雑貨市
雑貨市作品
プレゼント企画
メディア掲載
個展・イベント
ちっちゃいパレード
プロフィール

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

Honey Ant
やわらかな風の吹く場所に...
百田千峰の桃色日記
風子ノート
catica (amim...
3Lucarnes
Today'sとうもん
OURHOME
+[a]のひきだし
西本喜美子の創作生活
あゆみ はるか かなたへ...
peddyのくまちゃん ...
片付けたくなる部屋づくり
SOIL WORK
自家製天然酵母パンと菜食...
ciao!
平屋でうらら
豆花のおはじき
Lily&Lune
kokoro
ラムネとめがね
沖縄移住記 Holoho...
葉っぱさらさら
chuーchuダイアリー
なのはな便り
笑フ門ニハ福来ル
nos petite l...
Je me calm~J...
chaton*ronron
ゆったり*のんびり
コハニコニッキ
chickchicknu...
ワタシヲツクルジカン
カフェオーレのひととき
日々。
MULBERRY MOM...
いろいろ*イロドリ
shirocoro日記
bouちゃん母日記
*rosui's stu...
ゆるりのつぶやき
子どものいる暮らし。
今日のすーさん
cafe屋
rinpotage
てんと、こてん。
きらきら、ゆらゆら
アトリエ ギンノカクレガ
はじめは一つのことばから...
ふくわか洞 盆栽店
18時からのおうちくらし。
Marin Sweets
merci +chouchou
ぼちぼち*暮らそ。。
私につながるすべてのもの...
neri
日々の根っこ

外部リンク

検索