カテゴリ:ハンドメイド( 149 )

新しいミシンを迎えました。


d0227246_16190603.jpg

先日、アトリエに新しいミシンを迎えました。


d0227246_16184463.jpg


JUKIさんの家庭用ミシン、EX7です。

工業用もあるのにどうして家庭用ミシン?と思われるかもしれませんが、
私が必要としていたのが「ボタンホール」の美しさと正確さ。

オークション時代から使っているbrotherのミシンでは、
生地によってはどうしても美しく仕上がらず、力不足を感じていました。

今回の個展で沢山オーダーをいただいたし、
ボタン付けするアイテムもいっぱいあるので(笑)
このたび思い切ってお迎えすることに決めたのでした。


d0227246_16184483.jpg

スタッフの方に説明を受けた限りでは、
このEX7はとてもコンパクトなのに、
かゆいところに手が届いて本格派な機能が沢山あるとのこと。
JUKIさんとしては家庭用ミシンの最高峰なのだそうです。

私のようにロックミシンを持っていなくても、
この一台で充分洋裁を楽しめるミシンだと思います。

個展のオーダー分の裁断をスタートしたところだし、
このミシンもお迎えしたということで、
ずっと激務を支えてくれていた工業用ミシンはメンテナンスへ。
ゆっくりしてきてね~。



EX7、使いこなせるかどうかちょっぴり不安ではありますが(笑)
これから少しずつ使用感などアップしていこうとおもいます。


d0227246_16184414.jpg

9年間、ずっとFU-KOを見守ってきてくれたbrotherのミシンは、
4年生になって手芸部へと入部したらしいゴンのものに。

いつかわたしの個展の横に店を出して、
オリジナルグッズを販売したいのだそうです(笑)
お楽しみに~^^



家に納品に来てくださったJUKIの方にお話をうかがっていたときの事。

むかし何かで「JUKIは戦時中武器を作っていたことがある」
と読んだことがあったので、「それって本当なんですか?」と聞いてみました。

「そうです。東京重機、の略でJUKIなんですよね」とのこと。
軍需企業としてはじまり、戦争が終わって平和になってからミシンを作るようになり、
今や世界シェアトップのミシンメーカーに。

これからもずっとずっと、JUKIさんにはミシンを作り続けてほしいな、
とおもったのでした。




by fu-ko-handmade | 2017-05-15 16:55 | ハンドメイド

きょうだいの春の服。

d0227246_11513780.jpg


仕事もひと段落して、
ふたりにようやく服を作ってあげられました。



d0227246_11513721.jpg

ゴンに新しく作ったのなんて、1年以上ぶりかもしれない(笑)
使ったのはCHECK&STRIPEさんの綿麻ピンストライプ。

パターンは彼女の定番、FU-KOのヨークワンピース、プリーツアレンジ。




d0227246_11513632.jpg

まめぴーはお揃いの生地でこれまた彼の定番となりつつある、
クロスショルダーサロペット。

インスタでもこの作品、本当に沢山作っていただいて・・・!
可愛く着こなしていただいているようす、目を細めて眺めています^^


明日からまめぴーの短い春休みもはじまります。
時間をみつけてあと何枚か作ってあげたいなあ。



by fu-ko-handmade | 2017-03-30 11:58 | ハンドメイド

おさかなのズボン。

d0227246_12180794.jpg


まめぴー、保育園生活も3年目。

当初は毎週のように熱を出していたけれど、
3歳も後半になって、すこしずつ体も丈夫になってきたみたい。

園では年中半袖、短パンで過ごすのですが、
まいにち散歩に出かけて活動的に過ごすからなのか、どのパンツにもところどころ穴が。

時間をみつけてすこしずつちくちく、つくろっています。


d0227246_12180638.jpg

ただつまんで直すだけじゃおもしろくないので、
アップリケと刺繍をくみあわせて、絵のように。

可愛いもの好きなまめぴー、喜んでくれました。

来月から、いよいよ年中さん。
いっぱい汚して、また破いておいで。






by fu-ko-handmade | 2017-03-29 12:33 | ハンドメイド

私が使っているミシン。

d0227246_10462931.jpg


ここのところ立て続けにミシンについてのご質問をいただきました。
新生活にむけて購入を検討されている方が多いのかな~。

そういえば、このブログではご紹介したことがなかったかもしれません。



私の使っている直線縫いのミシンは、JUKIの職業用、SL-280EX。
購入したのはもう7年ほど前です。


d0227246_10463069.jpg


ミシンの下に布が敷いてあるのは下の階に音が響かないように。
夜は基本ミシンをふまないのですが、個展前のせっぱつまったときなどは
早朝縫うこともあるので。

このミシンはもうすでに廃盤のようですが、現行のSL-300が後継機みたい。

本縫い(直線縫い)専用で、針は家庭用のHA針ではなく、
工業用のDB針を使う機種になります。
よって、HA針を使うタイプだと自動糸通し機がついていますが、これはついていません。

工業用は取り付けのとき向きが分かりにくくて少し面倒なのですが、
HA針より耐久性が高く、折れにくいというメリットがあります。
針が折れると釜を痛めてしまうことがあるらしく、
致命的な故障につながりかねないということで、DB針のものにしました。

フットコントローラーに自動糸きり機能が付いたものもあったのですが、
ミシン屋さんが「塗ってる途中で間違って踏んじゃったときショックだよ~」と。
たしかに!と手元のスイッチで糸をきれるタイプのものにしました。

いちど仕事でそのタイプのものを使ったことがあるのですが、
やっぱりすぐに間違って糸を切ってしまい、難儀しました・・・


それからこんなアドバイスもいただきました。
工業用使っておられる方は説明書に「毎日一回油をさすように」と
書いてあるとおもうのですが、これは大きな間違いだそう。

ミシン屋さんによると、音がちょっと変わってきたかな?ってタイミングで大丈夫。
(でも釜の部分は少し多めでもいいみたい)

でないと内部に余計な油がたまり、ほこりなどが付着して故障や発火などの原因になるのだとか。
それを聞いてから、ほぼ毎日使うときでも、一ヶ月に1~2度さすようにしています。

新品で購入しましたが、2度ほどメンテナンスに出したぐらいで、
大きな故障は今のところありません。

1年に一度、おつかれさまの気持ちをこめて、底をはずしてほこりを掃除しています。



次にロックミシン。JUKIのMO-114Dです。
d0227246_10463030.jpg

二本針四本糸ロックではローエンドモデルかな。
これは8年ほど前から使っています。
値段も当時3万円ぐらいだったかなあ。

一度モーターをまわすゴムがのびきってしまい、
部品の交換をしていただきましたが(修理費1万円ほど)
それ以外は故障はありません。

ひとつだけ難点を言えば、ベビーロックや衣縫人のように
空気圧で糸通しする機能がついていないことでしょうか。

なので基本糸の色を変えるときは前の糸に結んで空送りをするのですが、
ときどきその結び目がほどけてしまい。
通すのがむずかしく、忙しいときなどは泣きそうになります・・・

でも縫い目は上位機種に劣らないし、上位機種より音は静か。
サイズもコンパクトで、値段以上の仕事をしてくれる働き者です。

まだこのミシンは廃盤ではないようでお店で販売されています。
こちらのお店だとキャリーケースやら糸くずうけ、
糸通し機なんかもついてていいなあ・・・(笑)


糸くず受けはわたしが購入したときまだ発売されていなかったのだけど、
その後その存在を知り、追加購入。


d0227246_11295885.jpg
掃除が格段に楽になりました。




そして最後に家庭用ミシン。

職業用とロックミシンを買うまえ、
brother EL117というミシンを使っていました。

d0227246_10462986.jpg
EL117は廃盤で、現行モデルがこのELU58シリーズのようです。

とりあえずシンプルで軽くて安いやつ!(笑)
ということで買ったのがこれで、最初はこれで端かがりもしていました。
操作も簡単で、片手で持ち運べるサイズなので重宝しました。

でもさすがにデニムなどは縫えないし、
オーガンジーなどの薄手のものも無理。
本格的に販売をスタートするようになってから、職業用ミシンに変えました。

今も実は現役で、ボタンホール専用として使っています。


最後に・・・
ミシンって実際使ってみないと相性がわからないもの。

調べてみたところ、こんなサイトがありました。

レンタルミシン比較

一日単位で借りられるようですので、気になる機種をためしてみて、
それから購入するという手もあります。
入園入学のときだけ必要なのであれば、その都度借りれば保管場所もとりませんね。

また、今はネットで安く買える時代ではありますが、
町のミシン屋さんがやはりいちばん知識を持っておられます。
アフターサービスのことも考えると、
そちらでご相談されるのもいいかもしれません。


みなさんのミシン選びの参考になりますように♪



FU-KOのfacebook
by fu-ko-handmade | 2017-02-28 11:36 | ハンドメイド

サンタ帽子を作りました。

d0227246_1125392.jpg


ゴンにせがまれていたサンタ帽子を、
やっと作り上げることができました。

とはいえこれ、スイミングのタオルキャップ。
ゴンは髪の毛が長く、濡れたまま帰ってくるので必需品なのです。

以前型紙もひかずに適当に作ったものを2年間使い続けてきたのですが、
それが痛んでしまい、新しく作ってと言われていたのでした。

「クリスマス仕様のと、普通の無地のやつと、2枚!」
と言われていたのだけど、取り急ぎクリスマス仕様から(笑)


なかなか上手くできたので作り方を載せておきます。

d0227246_1152927.jpg


生地を用意。

【使用生地】
①帽子表側 裏毛やジャガードなどのコットンニット地(今回はウール混ニット)
②帽子裏布 パイルニット地(今回はコットンのフリースニット)
③ふち用布 パイルニット地(今回はコットンのフリースニット)
④ぼんぼり ボアフリース

【サイズ】※縫い代1cm込みです
①と②は半径45cmの円形、角度は40度ほどにカット
③は10cm×60cm
④は直径10cmほど



1.ぼんぼりを作る
d0227246_1183785.jpg


糸でまわりを一周ぐし縫い。

d0227246_1191643.jpg


中にはあればポリエステル綿を入れるといいと思いますが、
無かったのでふち布のはぎれを適当に詰めました(笑)


d0227246_1192267.jpg


糸をひいて丸く形を整える。


2.各パーツを縫い合わせる
d0227246_1110727.jpg


①と②と③のパーツを中表にあわせて縫う(矢印の部分)。

注※「中表で縫う」とはとは生地の表と表を内側に合わせること。
裏側を外にして、外から縫います。



帽子裏側については、返し口として10cm縫い残す。
ふち布に関してもゴム通し口として3cm縫い残す。

1.で作ったぼんぼりを帽子表側のてっぺんに縫い付けておく。


3.ふち布の、ゴム通し口の周りを縫う
d0227246_11231087.jpg


2.で縫い残したゴム通し口の縫い代を開き、
ぐるり一周を補強して縫う。


4.帽子にふち布を縫い合わせる
d0227246_1112457.jpg


ふち布を中央で二つ折りにし、
ゴム通し口が裏側にくるようにして帽子表側に縫い合わせる。

帽子のかぶり口に対してふち布の寸法が狭いので、
伸ばしながら縫う。


5.裏布を縫い付ける
d0227246_11133555.jpg


ふち布と裏布を中表にあわせ、一周縫い合わせる。


6.返し口から表に返す
d0227246_11151739.jpg


2.で縫い残した返し口から表に返す。


7.帽子のてっぺんを中とじする
d0227246_11162938.jpg


もう一度返し口から帽子のてっぺん部分だけを取り出し、
裏側同士を縫い合わせる。(着用時に裏布がずれにくくなる)


8.ゴムを通す
d0227246_1117253.jpg


お子様の頭囲に合わせてゴムを入れてください。
めやすですが、小学生中学年なら55cmほどかと思います。


ゴンは早速これを持って水泳教室に出かけていきました。
かぶりながらバスに乗って帰ってくるので、
道行くひとびとを和ませてくれることでしょう(笑)



水泳教室の無い日は、友人宅から譲り受けたRODYくんがかぶっております。
d0227246_11333562.jpg

目があうとちょっと怖い・・・(笑)





FU-KOのfacebookはじめました。最新情報をお知らせしています。
by fu-ko-handmade | 2016-12-22 11:02 | ハンドメイド

新しい相棒。

d0227246_1395366.jpg


ついにこのアイテムに手を出してしまいました。
バイアステープメーカー

洋裁をされない方のために説明をさせていただくと、
斜め方向にカットした一定の細さの布の両端を、
決まった幅のままくせ付けができるもの。

まだ持ってなかったの?!と驚かれそうですが・・・(笑)

今回個展にて受注いただいたアイテムのうち、
100枚ほどがバイアステープを使うデザインだったので、
ようやく購入を決めました。

d0227246_13101698.jpg


すいすいはかどって、しかも仕上がりは美しい。

できるだけ物は増やしたくないけれど、やはり専門の道具というのはすばらしいなあ。



by fu-ko-handmade | 2016-09-14 13:13 | ハンドメイド

夏のクッションカバー。

d0227246_1412033.jpg


ここのところ朝晩まだ過ごしやすいですが、
昼間はじっとりと汗ばむ気温。


インテリアに涼を取り入れるべく、クッションを夏仕様に。


d0227246_14121693.jpg


家にあった鮮やかな色のはぎれで、カバーを作りました。

中に入っているクッションは無印の43cm角の羽毛のもの
ふっくらが保たれて心地いいです。


d0227246_1412687.jpg


あら、涼しげ。

小さな面積なのに、ずいぶん印象が変わるものですね。


***

6月の個展にてオーダーいただきました方へご連絡です。

7月中に納品をご希望いただいておりましたお品、
仕上がって参りましたので今週末メリーゴーランドさんへ納品させていただきます。
(ぎりぎり月末になってしまってごめんなさい!)

次回は夏中に納品をご希望いただいている分、
そしてノースリーブや半袖のアイテムを優先してお作りし、
またお盆前に一回、納品させていただきます。

それ以降は色やサイズごとにまとめて作業しやすい順番でお作りさせていただきますため、
2枚、3枚と多数のアイテムをオーダーいただいている方はお届けが9月以降となりますことを
ご了承下さい。

毎日楽しく作らせていただいています^^*
ありがとうございます!




by fu-ko-handmade | 2016-07-29 07:11 | ハンドメイド

まめぴーの園服。

d0227246_11351919.jpg


日差しを浴びて草の背丈がぐんぐん伸びるように、
夏は子どもたちもぐんぐん成長する季節。

特に最近のまめぴーの成長は著しく、夏服がどれもこれもつんつるてんになってきて、
急いでいくつかこしらえました。

d0227246_11352616.jpg


家にある小さなはぎれ、使いきれてうれしい。
布たちも喜んでいるみたいに見えます。

その日予定していたお仕事が終わったら、
何か自由に物づくりをすることを日課にしていますが、
どうしても子ども達の服づくりは後回しになってしまう。

夏休みまでになにかひとつずつ、とびきりのを作ってあげられたらな。

d0227246_11353474.jpg


体調を崩してお休みしていたあいだ、はまっていたのがビーズのひも通し。
ネックレスを作って、ちゃーちゃんにプレゼントしてくれました。

こんな小さなビーズも通せるようになってきたのねえ。


by fu-ko-handmade | 2016-07-13 11:40 | ハンドメイド

サーキュラースカート。

d0227246_9134826.jpg


ゴンの幼馴染、Nちゃんの誕生日プレゼントにと作ったサーキュラースカート。
彼女に似合いそうなちょうちょ柄のオックス生地で。

d0227246_9135436.jpg
学校に履いていけるようにポケットつき。
思いついて、バイアスを挟み込んでみました。
なかなかええやん~。

早速次の日着てくれててうれしかったな。


d0227246_9135933.jpg

ここ数日はやっとやる気スイッチが入ってきて(笑)
明け方から個展準備です!

この週末からすこしずつ出品する洋服をご紹介していきますね。



☆お知らせ

いつもお世話になっている生地の森さんにて、
以前天然生活さんに取材いただいたときの様子がアップされています。
ご覧になってみてくださいね。→こちら

素敵にまとめていただいて感動です!




by fu-ko-handmade | 2016-06-10 09:16 | ハンドメイド

やらなければ、叶うこと。

d0227246_11324723.jpg


ずっとずっとほしかった竹尺が、アトリエにやってきました。

わたしがこの8年、アトリエで使っているメジャーがこれ。

d0227246_1132532.jpg


小学校の家庭科の授業で使っていたもので、本来は巻尺なんやけど、
長年使っているうちにバネが壊れ、たらりと長いまま使っていたもの。

裁断中に間違って一緒に切ってしまったり、途中ゴンが落書きしていたりと
見るも無残な姿でしたが、手に馴染んで使いやすかったのです。
でも、布を測るときにはやっぱり昔ながらの竹尺がいいなあ・・・
いつかほしいなあ・・・と頭の隅っこでぼんやりとは思っていました。

それが、先日ご近所の奥さまに呼び止められ、
「美濃羽さん手芸しはるやんな?よかったらもらって!」と
頂いてしまったのでした!

ご友人が和裁をされる方だったのだけど、ご高齢でもうやめてしまわれるので、
貰い手を捜しておられたとのこと。
何とうれしい。


d0227246_11325849.jpg


一メートルの長いほうにはパッケージがまだ付いていました。
新品やけど、もう数十年経っていそうです。
ハイビスカスというおよそ竹尺とは無縁そうなネーミングもナイス!



ヨガの友人でとてつもなく物欲の無い人がいて、
その人も同じような体験をしたのだとか。

ヨガのことばで
「やりたいことをやらなければ、やりたいことができる」というのがあるそうですが、
ほんまにそうなんかもしれへんなあ、とびっくりした出来事だったのでした。



by fu-ko-handmade | 2016-06-06 11:27 | ハンドメイド


手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO

お知らせ



プロフィール

・お気軽にメール下さいね^^*


【著書】

楽天
amazon


楽天
amazon


楽天amazon


楽天amazon


楽天
amazon


[お詫び]
「作ってあげたい、女の子のお洋服」
初版~四刷をお持ちの方には
大変申し訳ございません。
訂正箇所がございます。
こちらからご覧くださいませ。

・エキサイトさんで
ご紹介いただきました。

エキサイトブログ ブロガーの本ご紹介


コラム掲載しています。


【掲載いただきました】















これより前のメディア掲載は、
こちらからご覧ください。

・FU-KOのshop

↑お休み中です。

・2009年3月~2011年3月の
ブログはこちら

ブログジャンル

子育て
ハンドメイド

記事ランキング

最新の記事

わからない、だから歩み寄る。
at 2017-06-26 13:53
地方で暮らすということ。
at 2017-06-22 11:58
あの汚れを簡単に落とす方法。
at 2017-06-20 11:17
ラグ一枚で変わること。
at 2017-06-16 11:58
7月のイベントのおしらせ。
at 2017-06-13 10:35

カテゴリ

全体
はじめまして
著作本
パターン(型紙)
ハンドメイドショップ
お客さまお写真♪
ハンドメイド
くらしのこと
おだいどこ
好きなもの
コーディネイト提案
よそおい
おでかけ
おかいもの
子どもとのこと
発達障がい
ゴン
まめぴー
coconoteさん
nunocotoさん
カメラ
ウォルドルフ人形
雑貨市
雑貨市作品
プレゼント企画
メディア掲載
個展・イベント
ちっちゃいパレード
プロフィール

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

Honey Ant
やわらかな風の吹く場所に...
百田千峰の桃色日記
風子ノート
catica (amim...
3Lucarnes
Today'sとうもん
OURHOME
+[a]のひきだし
西本喜美子の創作生活
あゆみ はるか かなたへ...
peddyのくまちゃん ...
片付けたくなる部屋づくり
SOIL WORK
自家製天然酵母パンと菜食...
ciao!
平屋でうらら
豆花のおはじき
Lily&Lune
kokoro
ラムネとめがね
沖縄移住記 Holoho...
葉っぱさらさら
chuーchuダイアリー
なのはな便り
笑フ門ニハ福来ル
nos petite l...
Je me calm~J...
chaton*ronron
ゆったり*のんびり
コハニコニッキ
chickchicknu...
ワタシヲツクルジカン
カフェオーレのひととき
日々。
MULBERRY MOM...
いろいろ*イロドリ
shirocoro日記
bouちゃん母日記
*rosui's stu...
ゆるりのつぶやき
子どものいる暮らし。
今日のすーさん
cafe屋
rinpotage
てんと、こてん。
きらきら、ゆらゆら
アトリエ ギンノカクレガ
はじめは一つのことばから...
ふくわか洞 盆栽店
18時からのおうちくらし。
Marin Sweets
merci +chouchou
ぼちぼち*暮らそ。。
私につながるすべてのもの...
neri
日々の根っこ

外部リンク

検索