<   2017年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「大切なものを直して長く使う本」掲載のおしらせ。

d0227246_16380107.jpg

宝島社さんから出されている大人のおしゃれ手帖、
特別編集ムックの「大切なものを直して長く使う本」
6P掲載いただきました。

なんと表紙にも使っていただいて・・・!
ありがとうございます。

d0227246_16380110.jpg


タイトルどおり、長く愛用している品や、
その修繕方法などについて取材をお受けし、まとめていただきました。



d0227246_16380142.jpg

無垢の家具や洋服の直し、染め替え、
町家のお手入れ方法などご紹介しています。


ほかに取材を受けられている方には、
名だたる有名な方々だったり、憧れの人生の先輩方。

そんななか、わたしのような若輩者が肩身狭そうにおさまっております(笑)
よろしければ、本屋さんでお手にとってくださいませ。




何でも手に入る豊かな時代だからこその光と影なのか、
人と物とのつきあいかたを考えさせられる機会は多いですね。

断捨離やミニリズムなどのムーブメントがおこるぐらい、
沢山の人が悩んでいるポイントなのでしょうか。

以前新聞で目にしたんですが、禅のお坊さんが
「物を持ちすぎるのも執着だが、捨てすぎるのもまた執着である」
と言っていたのが印象的でした。

わたしは物でも人でも、出会いには少なからず縁があるとおもうので、
壊れたから、気に入らなくなったからといって簡単に手放すのは
なんだかなあ、と思うのです。

壊れたなら修繕して使い続けたり、
気に入らない場所があるなら手をくわえて自分になじませていけばいい。
すこし寝かせて、また機会があれば使ってみるのもいい。

物との距離は、自分が一歩ふみだせば、縮まるんじゃないかな。
(それはきっと、人との距離だって!)


他にも簡単ですぐに真似できそうな修繕やDIYの方法が
沢山紹介されていて、読み応えたっぷりでした。

d0227246_16380060.jpg


やってみたいな~、と思ったのが、
金継ぎ図書館の深澤さんが紹介されていた、
痛んだカトラリーを漆塗りで仕上げるというもの。

かぐれさんが紹介されていた野菜の皮で洋服を染めるのもやってみたいなあ^^




by fu-ko-handmade | 2017-05-22 17:06 | メディア掲載

夕方のぶらぶら散歩。

d0227246_10454005.jpg

日がながくなってきて、
保育園から帰ってきてもまだまだ遊びたくてたまらないまめぴー。

ゴンが水泳教室から帰ってくるまで、
晩ごはんまえのぶらぶら散歩が日課になってます。


d0227246_10454040.jpg

忍者にあこがれるまめぴー、
ぞうりに兵児帯(扇子をしのばせて)が正装スタイルなんだそう。
それって忍者なのだろうか?(笑)

商店街への買い物もこのスタイルで行くものだから、
行く先々で声をかけてもらって自慢げな彼。



恐れをしらないまめぴーに導かれて路地に一歩踏み入れると、
ここだけ別の時間がながれているようで。

d0227246_10454198.jpg
d0227246_10511212.jpg
d0227246_10454177.jpg
d0227246_10454166.jpg
d0227246_10454188.jpg

このお家はおみそしるに卵焼き。
ここは焼き魚、ここん家は肉じゃが。

どこも、ほっとするゆうげの香りがただよってる。
香りの数だけ、食べる人のことを思って作る人がいて、
毎日はなにげなくつづいていく。

ああ、尊いことやなあ。

d0227246_10454080.jpg

にんにん。

d0227246_10524137.jpg
わたしもやらされた・・・



なんだか沁みたことば。


d0227246_11071251.jpg


いま特に苦しんでいることがあるわけではないのですが(笑)

なんでもかんでも悩みや苦しみを取り除くんじゃなくて、
苦しみが本当のことをあきらかにしてくれる。
そんな目線でものごとを見たいとおもう。



d0227246_10454232.jpg


目的の公園についたころにはすっかり日もかたむいていて、
晩ごはんはみごと、冷蔵庫のありあわせとなったのでした(笑)





by fu-ko-handmade | 2017-05-19 10:30 | まめぴー

子どものおもちゃ棚の見直し。

d0227246_12485879.jpg


わが家の子ども部屋は一階の南側にある4畳間。

左にちらりと見える籐のベンチと、この無印のラックにおさまるだけと決めて
おもちゃを収納しています。

きょうだいたちにとって今最もブームがきている、
おもちゃの精鋭たちを選りすぐって置いているので、
年に2~3回入れ替えや配置換えを。

が、この冬から春は仕事が目白押しでまったくその時間がとれなくて、
積み重なったおもちゃを取り出そうとすると崩れてきたり(笑)

このあいだの週末に全部出して選びなおし、
まめぴーと一緒に収めなおしました。


収束をむかえてきた電車、レゴのおもちゃなどは一旦押入れに仕舞い、
(処分予定のものはまた後日、人に譲ってもいいか聞きます)
最近二人にとってブームの、このプロペラおもちゃを真ん中の棚へ。

d0227246_12485957.jpg

それぞれの羽根に合う本体があるらしく、
わかりやすくするためにゴンがシールを貼っていました。

ナイス~^^

d0227246_12485951.jpg



背の低いまめぴーも中身がひとめでわかり、
取り出しやすいようにかごにまとめて。

左の竹かごにはおままごと、クラフトのボックスにはお絵かきセット。

d0227246_12485980.jpg

上の段には何人かで一緒に遊ぶものを。

放課後、ゴンの友だちもよく来て遊ぶので、
取り出しやすいよう無印のMDFの書類入れに一段ひとつと決めて収めました。


d0227246_12485960.jpg

とんとんずもうやら、スティッキー缶入りフリッパー

いちばん下の段にはゴンの好きなパズル系。

d0227246_12485978.jpg

かかった時間は1時間ほど。

そのときゴンは習い事でいなかったのですが、
こうして収納を整えるとすぐに気づいてそそくさと遊び出す不思議。

配置とラインナップをすこし変えただけでなにも足したりしていないのに、
見ていないようでちゃんと目に入っているんだなあ。

最近ゴンはおもちゃで遊ばなくなってきたなあ、と寂しくおもっていたのですが、
ちがったのかも。
やっぱり乱雑な状態だと遊びづらかったのだろうな。

子どもは何もなくても遊びを見つけ出す天才やから、
あまり沢山のおもちゃはかえって不要なのかもしれないけれど、
おもちゃは誰かと遊ぶ時間を印象深く、豊かに彩ってくれるもの。

定期的な見直しはやっぱり必要なんだな、とおもったのでした。



by fu-ko-handmade | 2017-05-17 12:47 | 子どもとのこと

初夏の花。

d0227246_11161834.jpg


スーパーの花コーナーにライラックの枝をみつけました。

大ぶりの花器にぼん、と投げ込み活け。


d0227246_11161832.jpg


まめぴーが持つといって聞かなかったので(笑)
ずいぶん花が減ってしまったけれど、とてもかわいい。
初夏を感じます。

庭のみどりも日に日に濃ゆくなってきた。



d0227246_11161992.jpg


こないだ朝食の準備をしようと冷蔵庫から卵を取り出したら、
なにやらふせんが貼ってある。


d0227246_11161920.jpg
d0227246_11161820.jpg

どうやらゴンのしわざ。

よっぽど、覚えておきたかったんやねえ(笑)



by fu-ko-handmade | 2017-05-16 11:11 | くらしのこと

新しいミシンを迎えました。


d0227246_16190603.jpg

先日、アトリエに新しいミシンを迎えました。


d0227246_16184463.jpg


JUKIさんの家庭用ミシン、EX7です。

工業用もあるのにどうして家庭用ミシン?と思われるかもしれませんが、
私が必要としていたのが「ボタンホール」の美しさと正確さ。

オークション時代から使っているbrotherのミシンでは、
生地によってはどうしても美しく仕上がらず、力不足を感じていました。

今回の個展で沢山オーダーをいただいたし、
ボタン付けするアイテムもいっぱいあるので(笑)
このたび思い切ってお迎えすることに決めたのでした。


d0227246_16184483.jpg

スタッフの方に説明を受けた限りでは、
このEX7はとてもコンパクトなのに、
かゆいところに手が届いて本格派な機能が沢山あるとのこと。
JUKIさんとしては家庭用ミシンの最高峰なのだそうです。

私のようにロックミシンを持っていなくても、
この一台で充分洋裁を楽しめるミシンだと思います。

個展のオーダー分の裁断をスタートしたところだし、
このミシンもお迎えしたということで、
ずっと激務を支えてくれていた工業用ミシンはメンテナンスへ。
ゆっくりしてきてね~。



EX7、使いこなせるかどうかちょっぴり不安ではありますが(笑)
これから少しずつ使用感などアップしていこうとおもいます。


d0227246_16184414.jpg

9年間、ずっとFU-KOを見守ってきてくれたbrotherのミシンは、
4年生になって手芸部へと入部したらしいゴンのものに。

いつかわたしの個展の横に店を出して、
オリジナルグッズを販売したいのだそうです(笑)
お楽しみに~^^



家に納品に来てくださったJUKIの方にお話をうかがっていたときの事。

むかし何かで「JUKIは戦時中武器を作っていたことがある」
と読んだことがあったので、「それって本当なんですか?」と聞いてみました。

「そうです。東京重機、の略でJUKIなんですよね」とのこと。
軍需企業としてはじまり、戦争が終わって平和になってからミシンを作るようになり、
今や世界シェアトップのミシンメーカーに。

これからもずっとずっと、JUKIさんにはミシンを作り続けてほしいな、
とおもったのでした。




by fu-ko-handmade | 2017-05-15 16:55 | ハンドメイド

本日「ぶれない暮らし」発売です!

d0227246_17321872.jpg


いよいよ本日、FU-KOさんの ぶれない暮らし」
一般書店でも発売スタートとなりました。


5冊目といえど、毎度ドキドキの瞬間。

本の制作秘話などご紹介しようかな、とパソコンに向かうも、
ブログを書いては消し・・・

朝からなんだか落ち着かず、結局アトリエの掃除で
一日が終わってしまいました(笑)

制作秘話についてはまた落ち着いた頃(わたしが)、追ってご紹介させてくださいね。



そうそう、今回友社さんのご厚意で、
帯を付けていただいています。

初夏の爽やかなイメージにぴったりの、
スカイブルーの帯。

d0227246_17321818.jpg


なんと、推薦人は・・・
あのはまじさん!!

はまじさんといえば、
おしゃれに疎い私でもその名前は知っている有名なモデルさんで、
わたしにとっては雲の上の存在。

けれど、今ではまめぴーよりすこし小さい男の子のお子さんがいらっしゃって
彼女自身ていねいで地に足ついた暮らしぶりをされているのだとか。

今回担当いただいた友社の担当の方がはまじさんと仲良くされているということで、
お願いしていただいたところ快くOKいただいて。

帯を書いてくださることに決まったとき、
インスタやwebのコラムを拝見させていただき、
すてきやなあ、こんな方に書いていただいてうれしいなあ、と改めておもったのでした。



なんと今日はインスタでも告知していただきました!


d0227246_17321870.jpg


ていねいにご紹介いただいておもわず鳥肌・・・!
はまじさん、お忙しいのにほんとうにありがとうございます~;;



帯をとると裏表紙にちょっとした仕掛けが。

d0227246_17321923.jpg


お掃除するゴンとまめぴーが隠れています^^


予約販売をいただいて既にお届けした方からは、
続々とうれしいご感想をいただいています!

amazonでも早速レビューを頂戴しました。
ありがとうございます~

ご購入いただいた方がいらっしゃいましたら、
よろしければご感想をいただけるととっても励みになります。





by fu-ko-handmade | 2017-05-12 17:31 | 著作本

「治すもの」ではなく「つきあう」もの。



d0227246_16061178.jpg


GWあけ、著書の発送も終わって、静けさがもどってきた我が家。

個展でオーダーいただいた洋服のための生地たちが、
何巻きもじゃんじゃん届き出していて、その量にちょっと恐れおののきつつも(笑)
水通しを終えたものを徐々に裁断しています。

からだを無心に動かしていると、なぜだか頭はすっきりしてくる。
そんなとき本を読むと、ふしぎと深く心に染み入る気がしています。



最近読んだ2冊。

d0227246_16105517.jpg

「降りていく生き方」


精神障がい者施設として異例の取り組みで成果をあげ、
世界の精神医学関係者から注目されている北海道「べてるの家」。
その様子を横川和夫さんがドキュメンタリーとして綴ったもの。

そして、「わたしは発達障がいカウンセラー」
昨年からわたしも活動をともにさせてもらっている「ちいさな森」メンバーである、
朝倉美保さんの初めての著書です。


どちらも扱っているのは「障がい」がテーマ。

誰もが目指すのが、効率、合理性、絶え間ない成長・・・
現代に生きるわたしたちは「原因を絶てば問題を防ぐことができる」
そんな因果論でものを考えるのになれています。

医療ひとつとっても、
健康の対極として障がい(もしくは病気)があり、
病気はあってはならないもの、治すべきもの、という考え方がふつうかな。

けれど、この二冊で繰り返し語られるのは、
障がい、あるいは病気は「治すもの」ではなく「つきあう」ものだということ。

「つきあう」はあくまで当の本人が主語なのだけれど、
「治す」にはたとえばお医者さんであるとか、子どもだったら親だとか、
ほかの人の介入が必要です。

病気をしている人、障がいがある人は弱いから、かばってあげよう、
不必要な苦労をさせないようにしよう、と周りが気遣うことが多いけれど、
それが原因で逆に症状が重くなることがある。

それは、その人自身が「どうしたいか」が置きざりにされてしまうから。
いわば、治すひとが主人で、治される人はその使用人。
治される人が、治す人のいいなりとなり、依存せざるをえなくなるからなのかな。

また、入院などで健康な人と病気の人を分けてしまうことで、
健康な人は「病気になるってどんな感じなんだろう」と知ることができなくなる。

「知らない」ことは、漠然とした不安やおそれを生みます。
そして、「そうならないように」と不安を防ごうとする。
なんやかや合理的な理由があればそれにすがり、自分はそうならないようにとガードするわけです。

それがまた「病気は忌むべきもの」という通念になっていく。


「降りていく生き方」で印象的なフレーズがありました。
「こころの三要素って知ってるかい?
虚しい、悲しい、寂しいというのは楽しいとか嬉しいとか以上に
こころの健康にとって必要なことなんだよ。
ともすると私たちは自分のなかからそれを消し去ろうとするけれど、
それが欠けたらだめな栄養素なんだよ。」※一部略


病も、老いも、不完全さも、
あらゆる人に宿っているもの。

それらは防いだり、治したりするものではなく「つきあっていく」ものです。

いつまでも若くありたい、健康でありたい、
そんな一元的な価値ばかりが取りざたされる世の中だけれど、
光があるから陰もまたあるもので。

ポジティブと同じように、ネガティブさも価値としてみとめていくこと。
それは障がいがある、なしにかかわらず、生きる人すべての課題なんだろうな。

そしてもし、そばに力をなくしているひとが居るのならば、
力をなくす原因をなくそうと躍起になるのではなく、
その人の感じている世界に「よりそう」ことがたいせつなんだ。

そんなことを考えさせられた本たちだったのでした。



そうそう、マリアさんが主宰となって活動をしてきた「ちいさな森」HPなのですが、
今後は朝倉美保が主体となり発信していく、
「みのりの森」という情報サイトに集約されることになりました。

新しいサイトはこちら→


マリアさんもコラムや往復書簡を書かれていますよ。
他にも当事者コラムがどんどんアップされていく予定なのだとか。

朝倉美保からのメッセージです。

雑誌「きらり。」と「みのり。」は
ふたつでひとつ。

障がいのある人の未来が明るくなるように、
少しでも手助けになれればと思っています。


ご興味のある方はどうぞご覧ください。






by fu-ko-handmade | 2017-05-11 17:13 | 好きなもの

Como春夏号掲載いただきました。

d0227246_16533136.jpg
d0227246_16533261.jpg
d0227246_16533293.jpg

あさって発売となる「ぶれない暮らし」の本のために
昨年からずっと連載を続けさせていただいた雑誌como。

連載の最後のしめくくりとして、3P掲載いただきました。

実はこの号でComoさんは最終号となってしまいました。
長年沢山の親子をみつめ、愛されてきた雑誌。
最後に掲載いただいたことを光栄におもいます。

Como編集部はこれからはweb媒体や単行本の編集などで、
再出発をされていくそう。
一つの終わりは、一つのはじまりですね!

最終号はモデルさんなど沢山の著名なママさんのインタビューが掲載され、
大変読み応えのある1冊だとおもいます。
ぜひお手にとってくださいね。




by fu-ko-handmade | 2017-05-10 16:57 | メディア掲載

思いをのせて、本を届ける。

d0227246_15310876.jpg


わたしの5冊目となる本FU-KOさんの ぶれない暮らし」

一般書店、amazon等での発売日に先駆けて、
ショップでのご予約分を発送させていただきました。


d0227246_15280259.jpg

「ひとりサイン会場」の様子。
紙袋はゴミ箱がわり。手の届く場所にすべて用意して、できるだけ効率よく!

ただただ、孤独です・・・(笑)

d0227246_15280203.jpg


ご注文のときにいただいたメッセージの数々・・・

読んでいるとみなさまの気持ちがほんとうにあったかくて、
新しい本を楽しみにお待ちいただいていることがしっかり伝わってきます。

この感動を一人で味わうのがもったいなくて、
匿名で編集部の方にもシェアさせていただきました。



d0227246_15310811.jpg


サインをご希望いただいている方には、
いただいたメッセージにお返事するように、
お一人お一人にあててわたしの思いを綴らせていただきました。

1冊、また1冊と手元を離れていくたびに、
「どうかお役にたてますように」
「どうか心にひびきますように」
祈るような気持ちに。

改めて、本を出させていただくことの重みと覚悟を感じました。

みなさま、楽しみに待っていてくださり本当にありがとうございます。
まだまだ未熟なわたしですが、これからもわたしなりにがんばります。


そうそう、「ゴンとまめぴーも書いてください!」
とご希望があったので、二人にもサインしてもらいましたよ^^

d0227246_15280293.jpg
d0227246_15371634.jpg
二人とも真剣(笑)


d0227246_15310931.jpg

まめぴーは美濃羽家全員の絵を描いたとのこと。

ゴンのサインがいちばんサインらしいわ(笑)



書店での発売はいよいよ今週、
5月12日(金)となります。

また発売日前後にも、この本にかける気持ちなど、
このブログでお話できたらとおもっています。




そうそう、3月に発売させていただいた洋裁の本、
「男の子にも女の子にも、作ってあげたい服」について
エキサイトブログさんからインタビューをうけました!

編集部ブログにて記事にしていただいています。

エキサイトのトップページにも、大きなバナーを作っていただきました。
ありがとうございます~


d0227246_15451028.jpg



サイン入り本をプレゼントさせていただく企画も同時にスタートしていますので、
どうぞご覧になってみてくださいね。






by fu-ko-handmade | 2017-05-09 15:53 | 著作本

新しい家具が仲間入りしました。

d0227246_11474739.jpg


そういえば先日、新しい家具を迎えました。

といっても家具自体は50年ほど前のもの。
昔ながらの家具「衣桁(いこう)」です。
母はよく「衣紋かけ」と呼んでたな。

母は若い頃日常的に着物を着ていたのですが今はすっかり洋服派なので、
実家では使わなくなってしまったため、ありがたく頂戴することに。



d0227246_11474810.jpg

このアールの細工が時代を感じさせます。

今は新品で洋室にも合うスタイリッシュなものもあるみたいです。




これは東屋さんのもの。かっこいいなあ。

d0227246_11474864.jpg

上の段には家族の上着やバッグ、帽子、
下の段にはまめぴーの保育園バッグを。

そういったものはついつい床に置きがちになり、
掃除もしづらいし出かける前の探しものも増えるので、
こうやって吊るすのがいちばんです。

前は同じ場所にフックをつけていましたが、
障子を開け閉めするたびに落ちてきたり、
あまり重いものは引っ掛けられなかったり、
子どもが取りづらかったりしたのですが、これですべて解消!

新しいものを買うのではなく、
あるもので問題が解決すると、うれしいな。


d0227246_11474876.jpg

使わないときはコンパクトになって、
押入れに仕舞えるのもいいですね。

夏場は上着をかけることは少なくなるけれど、
梅雨時に部屋干しするときなんかに活躍しそうです。


d0227246_11474797.jpg

そうそう、足元に置かれたかごは主人の寝巻き入れ・・・
このスエット、なんと学生時代から着ているらしい?!物持ちええわあ・・・

かつてはカゴの置き場所を押入れにしていたのですが、
仕舞うまでワンアクションあったからか、時々脱ぎっぱなしだったり(笑)

見た目はともかく、
おかげでここにおさまることが増えてきたから、よしとしましょう。



d0227246_11474774.jpg


先日、主婦の友社さんから仕入れたぶれない暮らし」本が届きました・・・!
200冊、すごいボリューム!

現在、HPにて沢山のご注文をいただいております。
備考欄にも温かなコメントをお書き下さっていて!
みなさま本当にありがとうございます。

GW中にこつこつ作業しまして、
休み明けの7日以降、発送させていただきますね。

残り少なくなりましたが、まだ在庫がございます。
7日までのご予約となりますので、ご興味のある方はご覧くださいませ。





by fu-ko-handmade | 2017-05-02 12:15 | くらしのこと


手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO

お知らせ


・FU-KO Basics.主宰
美濃羽まゆみのプロフィール

これまでの歩み

【著書】

楽天
amazon


楽天
amazon


楽天amazon


楽天amazon


楽天amazon

[お詫び]
「作ってあげたい、女の子のお洋服」
初版~四刷をお持ちの方には
大変申し訳ございません。
訂正箇所がございます。
こちらからご覧くださいませ。

・エキサイトさんで
ご紹介いただきました。

エキサイトブログ ブロガーの本ご紹介


コラム掲載しています。


【掲載いただきました】
















これより前のメディア掲載は、
こちらからご覧ください。

・FU-KOのshop

↑お休み中です。

・2009年3月~2011年3月の
ブログはこちら

・お気軽にメール下さいね^^*

ブログジャンル

子育て
ハンドメイド

記事ランキング

最新の記事

「大切なものを直して長く使う..
at 2017-05-22 17:06
夕方のぶらぶら散歩。
at 2017-05-19 10:30
子どものおもちゃ棚の見直し。
at 2017-05-17 12:47
初夏の花。
at 2017-05-16 11:11
新しいミシンを迎えました。
at 2017-05-15 16:55

カテゴリ

全体
はじめまして
著作本
パターン(型紙)
ハンドメイドショップ
お客さまお写真♪
ハンドメイド
くらしのこと
おだいどこ
好きなもの
コーディネイト提案
よそおい
おでかけ
おかいもの
子どもとのこと
ゴン
まめぴー
coconoteさん
nunocotoさん
カメラ
ウォルドルフ人形
雑貨市
雑貨市作品
プレゼント企画
メディア掲載
個展・イベント
ちっちゃいパレード
プロフィール
ちいさな森

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

Honey Ant
やわらかな風の吹く場所に...
百田千峰の桃色日記
風子ノート
catica (amim...
3Lucarnes
Today'sとうもん
OURHOME
+[a]のひきだし
西本喜美子の創作生活
あゆみ はるか かなたへ...
peddyのくまちゃん ...
片付けたくなる部屋づくり
SOIL WORK
自家製天然酵母パンと菜食...
ciao!
平屋でうらら
豆花のおはじき
Lily&Lune
kokoro
ラムネとめがね
沖縄移住記 Holoho...
葉っぱさらさら
chuーchuダイアリー
なのはな便り
笑フ門ニハ福来ル
nos petite l...
Je me calm~J...
chaton*ronron
ゆったり*のんびり
コハニコニッキ
chickchicknu...
ワタシヲツクルジカン
カフェオーレのひととき
日々。
MULBERRY MOM...
いろいろ*イロドリ
shirocoro日記
bouちゃん母日記
*rosui's stu...
ゆるりのつぶやき
子どものいる暮らし。
今日のすーさん
cafe屋
rinpotage
てんと、こてん。
きらきら、ゆらゆら
アトリエ ギンノカクレガ
ひらがな暮らし案内所
ふくわか洞 盆栽店
18時からのおうちくらし。
Marin Sweets
merci +chouchou
ぼちぼち*暮らそ。。
私につながるすべてのもの...
neri
日々の根っこ

外部リンク

検索