子ども服本、校了。

d0227246_12211395.jpg


年の瀬からずっと庭を彩り続けてくれている山茶花も、
こぼれんばかりに満開。

冬の間エサも少ないのか、頻繁に蜜を吸いにメジロが訪れます。
ころんと愛らしい姿を横目で愛でつつ、
この数週間、缶詰状態で校正作業をしていました。



d0227246_12211306.jpg

型紙の大きさは、A0サイズ。

むかし学校などで壁新聞作りに使った模造紙の、
一回り大きなサイズです。

もちろんそんな大きな紙を広げられるテーブルはわが家にはないので、
必然的に床置きにして作業することに。

毎日こんな感じで子ども達が出かけた居間に型紙をひろげ、
真ん中に座り込んで四方を型紙に囲まれながら、
校了日まで文字通り血眼になってチェックしていました。



d0227246_12211479.jpg


作り方のページにも、ふせんいっぱい。

今回もやはり修正しなくてはいけないところが沢山あり、
作業も難航したのですが、とてもていねいに作り方のページを作っていただいていて、
結果的にとてもわかりやすい作り方の本になったのでは、と思ってます。

いよいよ原稿はわたしの手を離れ、印刷作業にはいります。
どうか一人でも多くの方に、手作りのたのしさをお伝えできますように。


amazonでは早くも予約がはじまっていますが、
まだ内容や表紙など入っていない状態です。

追ってブログでも内容や掲載アイテムなどご紹介していきますので、
購入を検討されている方は、それをご覧いただいてからにされてくださいね^^



d0227246_12334189.jpg

息つく暇もなく、次の単行本の執筆と、
雑誌の原稿づくりが待っています。
洋裁本づくりとは全然違うところの脳を使う作業なので、楽しみ!

しかし、
毎年ぎりぎりになってしまう確定申告は、やはり今年もギリギリになりそうです(笑)



FU-KOのfacebook
# by fu-ko-handmade | 2017-02-15 12:38 | 著作本

ことしの味噌の会。

d0227246_11361158.jpg


週末は、友人たちを招いて我が家で味噌づくり。

朝には雪もちらつくぐらいの寒い寒い日。
気温が低いと麹菌が元気になるので、味噌づくりにはもってこい。


d0227246_11361198.jpg

今年は幸運なことに予定があい、5家庭、総勢15名集合!
単調な作業もあっという間です。


去年この麹を使ったおかげか、
とても美味しいお味噌になったので、今年も。


d0227246_11361039.jpg

コニチャン農園の麹。


d0227246_11361089.jpg

みんなの常在菌で、おいしくなーれ、おいしくなーれ。


d0227246_11361011.jpg

この子はえー菌もってそうや(笑)


d0227246_11361008.jpg

お楽しみは、もちよりおかず。
おいしかったなあ、ごちそうさま!



しかし、一年に一回のことなので毎度ながら配分や工程があやふやに・・・
毎年勉強しなおしです。

そこで今年から作ったのは「味噌ノート」
配分や使った材料、かかった時間、問題点改善点を書き込みました。
来年はこれで、すこしは賢くなれるだろうか(笑)

我が家流のあやふや味噌レシピ載せておきます。


<材料>※4kgが出来上がる量
・大豆 1kg
・麹 1kg
・塩 450g
・種みそ(あれば昨年作ったものを半カップほど、なければ市販の非加熱味噌)

<作り方>
1.大豆はよく洗ってよごれをおとし、前日から18時間以上水につける
2.ひたひたの水で3~4時間ほど茹でる(圧力鍋なら30分ほど)
※指で軽くつぶせるほどの硬さに
3. 豆が温かいうちにビニール袋に入れて形がなくなるまでつぶす(フードプロセッサーやすり鉢でもOK)
4. 塩と麹を手のひらですり合わせるように混ぜる
5. 3.とよく混ぜ合わせる。このときに種味噌も入れる
6. ハンバーグの要領でテニスボール大に丸め、消毒した容器の底に塩(分量外)をふり、
 投げつけるようにして詰めていく
7. 空気が入らないように手でぎゅっと圧をかけ、最後に塩(分量外)を薄くしきつめ、ラップで覆う

※そのまま8ヶ月間ほど直射日光のあたらない常温で保管する。
※夏季にカビがはえやすいので、時々開けて確認する。
もしはえていたらそこだけ薄く削り取り、塩をかけておく。


ほかにも酒かすで蓋をして熟成させるやり方や、
重石でふたをする作り方もあるようです。

容器はタッパー、カメ、琺瑯、木桶、なんでもいいですが、
琺瑯で作ると豆を煮るのも同じ容器でできちゃいます。

d0227246_12072482.jpg



いまの時代手軽に買ってすませることもできる、味噌。
あえて作るのは面倒だし、手間もかかるけれど、
それだけ手をかけ、頭を使い、五感を使い、くふうをするということ。

買えば、たんなる消費で終わり。
だけど自分で作れば、ほかに代えがたい経験になります。

それはやがて積み重なって知恵となり、
「わたしのくらし」を作ってくれるんじゃないかな。

なにより自分で作ったお味噌があれば、
たとえ毎日食事作りの時間が限られていても、
おかずを沢山作れなくても、満足できる食卓になる気がします。


***


あ、気づけばもう放送直前!

今日お昼12時から、発達障がい支援「ちいさな森」主催、
前田マリアさんのwebラジオ放送2回目です。

前回も聞かせていただきましたが、とても楽しく気づきのある内容でした。
ぜひ聞いてみてください~!


ラジオ放送局 ゆめのたね
個を育てるラジオ
育Cafe

関西チャンネルを選んでくださいね。



FU-KOのfacebook
# by fu-ko-handmade | 2017-02-14 11:56 | おだいどこ

枯れ枝の宝石。

d0227246_09385975.jpg

この季節だけの、ちいさなたのしみがあります。


d0227246_09390035.jpg


庭の枯れ枝に、ガラスだまのようなしずくが、ぽつんぽつん。

枝のなかには幼い葉が、こごえながら眠っているのだろう。
明るい春の日差しを夢みながら。



d0227246_09390044.jpg
洋裁本、いよいよ校了が迫ってきました・・・!

何度も何度も見返せど、決して不安がぬぐえることはないのだけど、
できるだけ心を水のように静めて、やり終えたいとおもいます。



FU-KOのfacebook
# by fu-ko-handmade | 2017-02-10 09:50 | くらしのこと

今月の掲載誌のお知らせ。

d0227246_10313543.jpg
今月発売の二つの雑誌に掲載いただきました。

まず、Como (コモ) 2017年 03月号

d0227246_10313548.jpg
comoさんでの連載も早くも第五回となりました。

今回は朝食づくりについてのお話。
わが家の、がんばらないでもそこそこ満足できる(笑)
朝ごはんづくりの方法を書かせていただきました。


もう一冊が、わたしたちの無印良品ライフ
d0227246_10390847.jpg
ほんのすこ~し掲載いただいているだけなので、
もし本屋さんに行かれることがあればめくって見つけてやってください(笑)


素敵な方々の暮らしの中の実例が沢山載っていて、
ひさしぶりに無印に行きたくなりました。


無印良品といえば・・・とあるWEB媒体で良品計画の企画室、
矢野道子さんの講演記事を読み、ふかく心にのこったフレーズがありました。

無印が目指すのは「これがいい」ではなく「これでいい」。

以下、HPにある「無印良品からのメッセージ」より。

無印良品が目指しているのは「これがいい」ではなく「これでいい」という
理性的な満足感をお客さまに持っていただくこと。
つまり「が」ではなく「で」なのです。 

しかしながら「で」にもレベルがあります。
無印良品はこの「で」のレベルをできるだけ高い水準に掲げることを目指します。

「が」には微かなエゴイズムや不協和が含まれますが「で」には抑制や譲歩を
含んだ理性が働いています。

一方で「で」の中には、あきらめや小さな不満足が含まれるかもしれません。
従って「で」のレベルを上げるということは、このあきらめや小さな不満足を
払拭していくことなのです。


「これでいい」って、なんだかとてもしっくりくる。

諦めや妥協ではなくて、これがベスト、これでなくちゃ、でもなくて、
しなやかで優しいかんじ。

物づくりにかぎらず、人とのコミュニケーションにおいても、
大事なことだとおもうのです。

そういえば、無印良品もわたしとおなじ1980年うまれ。
わたしもしなやかな「これでいい」をつくっていこう。




FU-KOのfacebook
# by fu-ko-handmade | 2017-02-08 10:50 | メディア掲載

ビバノンノン!

d0227246_11125744.jpg

「はふ~ん・・・」

d0227246_11132368.jpg

・・・足湯をしているのでした(笑)


ちょっと寒気がするな、のどが痛いな、
ってとき簡単にできるおうち療法のひとつ。

ふだんからじぶんの体の声をきき、いたわること。
病院にお世話になる前に、できることはたくさんあるなあと思うのです。



FU-KOのfacebook
# by fu-ko-handmade | 2017-02-07 11:18


手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO

お知らせ


・FU-KO Basics.主宰
美濃羽まゆみのプロフィール

これまでの歩み

【著書】

楽天
amazon


楽天amazon


楽天amazon


楽天amazon

[お詫び]
「作ってあげたい、女の子のお洋服」
初版~四刷をお持ちの方には
大変申し訳ございません。
訂正箇所がございます。
こちらからご覧くださいませ。

・エキサイトさんで
ご紹介いただきました。

エキサイトブログ ブロガーの本ご紹介


コラム掲載しています。


【掲載いただきました】














これより前のメディア掲載は、
こちらからご覧ください。

・FU-KOのshop

↑お休み中です。

・2009年3月~2011年3月の
ブログはこちら

・お気軽にメール下さいね^^*

ブログジャンル

子育て
ハンドメイド

記事ランキング

最新の記事

すてきにハンドメイド4月号掲..
at 2017-03-25 12:30
春の旅行、後編。
at 2017-03-23 15:55
春の旅行、前編。
at 2017-03-22 10:10
時間が作ってくれる料理。
at 2017-03-16 14:16
よくも、まあ。
at 2017-03-15 10:51

カテゴリ

全体
はじめまして
著作本
パターン(型紙)
ハンドメイドショップ
お客さまお写真♪
ハンドメイド
くらしのこと
おだいどこ
好きなもの
コーディネイト提案
よそおい
おでかけ
おかいもの
子どもとのこと
ゴン
まめぴー
coconoteさん
nunocotoさん
カメラ
ウォルドルフ人形
雑貨市
雑貨市作品
プレゼント企画
メディア掲載
個展・イベント
ちっちゃいパレード
プロフィール
ちいさな森

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

Honey Ant
やわらかな風の吹く場所に...
百田千峰の桃色日記
風子ノート
catica (amim...
3Lucarnes
Today'sとうもん
OURHOME
+[a]のひきだし
西本喜美子の創作生活
あゆみ はるか かなたへ...
peddyのくまちゃん ...
片付けたくなる部屋づくり
SOIL WORK
自家製天然酵母パンと菜食...
ciao!
平屋でうらら
豆花のおはじき
Lily&Lune
kokoro
ラムネとめがね
沖縄移住記 Holoho...
葉っぱさらさら
chuーchuダイアリー
なのはな便り
笑フ門ニハ福来ル
nos petite l...
Je me calm~J...
chaton*ronron
ゆったり*のんびり
コハニコニッキ
chickchicknu...
ワタシヲツクルジカン
カフェオーレのひととき
日々。
MULBERRY MOM...
いろいろ*イロドリ
shirocoro日記
bouちゃん母日記
*rosui's stu...
ゆるりのつぶやき
子どものいる暮らし。
今日のすーさん
cafe屋
rinpotage
てんと、こてん。
きらきら、ゆらゆら
アトリエ ギンノカクレガ
ひらがな暮らし案内所
魔女のおうち
ふくわか洞 盆栽店
18時からのおうちくらし。
Marin Sweets
merci +chouchou
ぼちぼち*暮らそ。。
私につながるすべてのもの...
neri
日々の根っこ

外部リンク

検索