掃除のこと。



d0227246_12303334.jpg
以前マキタの掃除機について記事を書いたとき、
普段の掃除方法についてご質問をいただきました。
何てことのない、ごくごく普通の内容ですが^^;
参考までに。

まず、毎日の掃き掃除。

朝家族みんなが出かけて家の中が静まったあと、
お皿洗いと洗濯同時進行で、居間と台所、廊下などの生活スペースを簡単に掃き掃除。
使っているのは竹のほうきです。

棕櫚のものもあるのですが、こっちのほうが軽くてコシがあって掃きやすい。
商店街の日用品店で買いました。

d0227246_12303951.jpg
二箇所ぐらいにゴミを集めたら、
マキタで吸い取り、終了。

あとは週に一回程度、拭き掃除を。
夏場は素足で歩くことが多いためか、(足の裏って結構油が出るらしいです)
床のベタつきが気になるので、二日に一回程度拭いてます。

d0227246_12304747.jpg
ふきんは白雪ふきんを愛用。
色々試してみた結果、これに落ち着きました。

綿とレーヨンの混紡で、水分をぐんぐん吸ってくれ、
乾きも早い。洗濯や漂白にも強い。

何より、柄も縁取りもない、真っ白なこの潔さ。
お値段も手ごろで、言うことなしです。

お手入れは普段は洗濯機で洗い、シミが出てきたら
粉末の酸素漂白剤を入れて鍋で煮洗い。


d0227246_12305224.jpg

最初は台拭きに使い、破れてきたり、汚れが気になってきたら雑巾に。
最後は玄関を水拭きして、ご苦労さん、とお別れ。

片付けと同じぐらい掃除も苦手やし、やらないならやらないで平気。
でも家族の健康を思えばやっぱりちゃんとしておきたい。

ささっと掃除できるように、できるだけ床に物を置かないようにして、
時間がないときでも目立つゴミは何かのついでに拾うようにする。
やらないと「なんだか気持ちわるいな~」って思うようになればしめたもの。

人間、良くも悪くも「慣れ」やすい生き物なんやなって思います。

でも、
ほこりってなんであんなに出るんやろ!
聞くところによると、ほこりの成分って、大部分が人の皮膚の代謝物なんだとか。
つまり、垢なんですね。

なんかまめぴーが生まれてからほこりのたまり方が尋常ではない!
と思ってたけど、育ち盛りが二人いるんやもん、納得。

成長の証と思えば、ほこりもちょっと愛しく思えたりして(笑)


d0227246_12305710.jpg
ゴンのお家仕事。
夏は植木のみずやりやったけど、冬は必要がないので洗濯物たたみにチェンジ。
まいにち自分の洗濯物はたたんで、所定の場所へ。

たたみ方、えらいうまいな、と思ったら、
そういえば年長さんのとき乳児さんの洗濯物たたみが日課だったのでした。
習い事や勉強は一切なかった園やけど、大事なこと教えてもらいました。

ちょくちょく褒めたたえつつ、
来年くらいには家族全員分してくれへんかな~ともくろんでます(笑)


by fu-ko-handmade | 2015-02-07 13:56 | くらしのこと

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO