人気ブログランキング | 話題のタグを見る

種のちから。

種のちから。_d0227246_1046171.jpg


まだまだ梅雨真っ最中な天気が続いているけれど、
時折雲の間から差し込む太陽が日増しにパワーを増しているのを感じます。

まめぴーの保育園リュックからも、オカサンゴの実がぱらぱらと出てきたり、
ポケットから猫じゃらしの青い穂が顔をだしたり。
もうすぐ夏やなあ。

さて、
この間立て続けに「タブレ(もともとはイスラエルの料理で、フランスの国民食らしい)」
なるものを食べる機会があり、すっかりその美味しさのとりこになってしまったわたし。

最近保育園帰り、いつもと違う道を通って見つけたスーパーに入ってみる、
という冒険をまめぴーとしているのですが、そのお店に雑穀が沢山売っていたので、
キヌアを買ってみました。

タブレづくりにはクスクスが一番ポピュラーみたいですが、
大麦やキヌア、押し麦でもいいみたい。

種のちから。_d0227246_119672.jpg


作り方もとっても簡単でした!
キヌアを15分ほど茹でて水を切り、荒熱を取って旬の野菜をざく切りにしたものを、
ドレッシング(酢、オイル、塩こしょう)で和え、冷蔵庫で冷やす。

野菜はきゅうりやトマト、たまねぎ、にんじんなどが相性がいいらしい。
こないだ食べたのにはパクチーとパセリが入っていてとても美味しかったので、
家でもそれを再現。

水気を良く絞っておけば3~4日大丈夫そうです。
プチプチした食感に馴染んだ野菜の甘み、ほんのり酸味で
どんどん食べ進んでしまうので、すぐに無くなってしまうのやけど(笑)

作り方も簡単、栄養価も高いし、暑い季節にも食がすすみそう。
この夏、種パワーを借りて乗り切ろうとおもいます。


種のちから。_d0227246_10462923.jpg
京都の夏の定番、ずいき(芋がら)の甘酢漬けも一緒に作りました。

種のちから。_d0227246_1046335.jpg


茹であがったばかりのずいきに甘酢をじゃっと掛けると、
色がぱあっと明るくなるのを見るのが好き。




by fu-ko-handmade | 2016-07-01 11:05 | おだいどこ

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのある暮らしを提案します。


by FU-KO