人気ブログランキング | 話題のタグを見る

往復書簡がスタートします。

往復書簡がスタートします。_d0227246_9103771.jpg


「あしたはおやすみだから、くーき(ホットケーキの意)つくろうよ!」

金曜日の夕方、お迎えに行くとまめぴーからのリクエスト。
この間のおやすみも、作ってもらいました。


往復書簡がスタートします。_d0227246_9114373.jpg


ちょいとつまみ食いが多い気もしますが・・・(笑)

往復書簡がスタートします。_d0227246_9242577.jpg


この嬉しそうな顔!



ヨガの先生から、
人間は、何かを学びにこの世に生を受けるのだと聞きました。

前の人生で学び足りなかったことを、
この人生で知るために生まれてくる。

証拠があるわけではないけど、ほんとうな気がします。

そして、親と子は、共に学びあう仲間なのだと。
決して、お互いの立場に上下などないのだと。
先生はおっしゃっていました。

いつか二つの命は消えてしまいます。必ず、いつか。
だけど、お互いに学び合えたという事実は消えることがない。

と、いうことも。


私たちはついつい、弱い存在である子どものことを、
親であるわたしが導かなくてはいけない、と思いがちです。

でも、子どもには生きる力、自分で人生を切り開く力と知恵を、
産まれた時からもうすでに持っている。

だとすれば、母として、親として子どもにできることは何か。
答えはとてもシンプルなことだと思います。

「待つ」こと、そして「見守ること」。
それは相手のことを信じ、支配しないということでもあります。

シンプルなことは、不安です。
ほんとうにそれで大丈夫?他に何かしなくてもいいの?
ドキドキしてしまうもの。

でも、不安なのは子どもじゃなくて、わたしなのです。
子どもはただただ、目の前のことから何か学ぼうとしている。
目をキラキラさせて、恐れなど知らず。
それを自分のエゴで邪魔しちゃいけないな、ってつくづく思います。

とはいえ、まだまだ修行が足りないのですが(笑)

今、ようやくそんなふうに思えるようになりましたが、
それまでには本当に、色々ありました・・・

でも、ゴンのことで沢山悩んだおかげで、そう思えるようになったのだろうな。
そういう意味では、ゴンはわたしの人生の師匠です(笑)

ああ、やっぱり一緒に学びあっているのだな。


往復書簡がスタートします。_d0227246_9534055.jpg


まめぴー作、ホットケーキ。
命名「ありさんのおうち」

この人もどんな試練を与えてくれるのかな?



以前ご紹介させていただいた「ちいさな森」会員さま専用コンテンツ
その会員さまが何と、オープンしてわずか半月で250名を突破したとのこと!

主宰者のマリアさんが色々と悩み、サポーターの朝倉ろすいさんと知恵を出し合って
試行錯誤してこられた経緯を知っているので、まるで自分のことのように嬉しくて!

是非何かお祝いをさせてください!ということで、
今回、特別寄稿をさせていただくことになりました。

単独のコラムもいいけど、マリアさんとの往復書簡も面白そう!
ということで、本来来春スタートだった企画を前倒し、
3往復限定で文通をさせていただいています。

マリアさんからの最初の質問が、
「どこまでがしつけで、どこまでが容認なのか」。
そして、「お母さんとして、一番大切にしていること」。

今でこそ、子どもと平穏に暮らすことができている私ですが、
そうなるまで、どんなことに悩み、苦しんできたのか。
赤裸々に綴らせていただいています(笑)

マリアさんとは普段お話させていただいても、
根っこの部分が一緒というか、子どもに対して大切にしていること、
生きる姿勢みたいなものに共感するところが沢山あって。

その美しいお姿以上に、凛としたまっすぐなハートを秘めているお母さんです。
そんな「マリア節」に、みなさんもきっと元気をもらえると思いますよ♪

昨日と今日、そのやりとりがアップされています。
時期はまだ未定ですが、近々2回目、3回目の往復書簡も引き続きアップされる予定です。

メールアドレスとパスワードだけの登録で、会員ページがご覧になれますので、
ぜひご登録くださいね!




by fu-ko-handmade | 2016-10-18 10:06 | 発達障がい

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのある暮らしを提案します。


by FU-KO