雑誌「きらり。」発売スタートです。

d0227246_13510655.jpg


今年は春の訪れがゆっくりでしたが、
この週末は一気に温かくなって桜も少しずつ咲き始めましたね。


さて、わたしも昨年から加わらせていただいている、前田マリアさん主宰の「ちいさな森」の活動。
先日4月2日に、めでたく一周年をむかられました。

マリアさんは小さな3人のお子さんたちと向き合いながら、
その合間をぬってカウンセリングやメディア出演、
執筆など精力的に活動を続けておられます。

わたしも、彼女の母としての生きかたや芯のある哲学にいつも力をもらっている一人です。

旧知の友人であり障がい当事者でもある朝倉美保さんを社長として、
「みのりの森」出版社も2月に立ち上がり、
いよいよ雑誌「きらり。」第一号が、明日4月5日発売になります。


d0227246_14163342.jpg
表紙はなんと、マリアさん家の次男坊、
おまめくんのはじけんばかりの笑顔!



先日はクラウドファンディングにご参加いただいた方のリターン分として、
50冊の初版本にサインをしてきました。

d0227246_13312733.jpg
背後にはその邪魔をしまくるまめぴー(笑)


雑誌「きらり。」は、
「障がいを持っていても、きらりと輝く人生を」
をコンセプトに作られています。

第一号のテーマは「発達障がい」。

たとえ「障がい」と名前がつかなくったって、
どんな人でも凸凹(得意なもの、不得意なもの)があるもの。

それを努力して克服しよう、治そう、と思うほど、
自分を責めることになって悩みは大きくなるんじゃないかな。

けれど、自分の凸凹をありのまま受け入れることができたなら、
きっと毎日がきらりと輝き出すはず。

やがて、周りのひとの凸凹だって、やさしく受け止められるようになるのかもしれません。

「きらり。」に掲載されているのは、障がいを持つ人が、
障がいを受け入れてその人らしく生きるすがた。

そこには、どんな人の胸にもストンとおさまるような、
前向きに自分らしく生きるためのヒントがちりばめられています。


わたしも、誌面にてマリアさんと「発達障がい」についての対談をさせていただき、
そして拙いながら親子関係にまつわるエッセイを執筆させていただきました。


現在、購入方法は二通りあります。

① Amazonからの購入
…Amazonから配送。1冊ずつの販売のみ。
送料がかかります。しかし、ポイントが付きます。

② みのりの森のサイトからの購入。
…みのりの森からの配送。1冊購入や定期購入(割引あり)もできます。
送料無料です。(メール便)
http://みのり.com/


まだ取り扱い店舗は限られますが、
いずれ一般書店でも購入できるように活動中とのこと。


次号は7月に刊行予定です!
何を書かせてもらおうか、今から楽しみです^^





by fu-ko-handmade | 2017-04-04 13:57 | 発達障がい

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO