「焦り」とのつき合い方。


d0227246_12045831.jpg




朝。

「あれもしなくちゃ、これもしなくちゃ」
焦る気持ちのまま、あわただしく一日がはじまる。


夜。

ふとんに入るときも
「あれができてなかったなあ、これがうまくいかなかったなあ」と
物足らない気持ちのまま。

今日一日、出来ていないことばかりに目がいってしまう。

そしてまた、あわただしい朝へ。


・・・


かつて、
仕事がたてこんでしまったり、体調をくずしたりすると、
こんなふうに「焦りのループ」にはまりこんでしまうこと、よくありました。

何がきっかけというわけでもないのだけど、
焦りで気持ちがいっぱいになってしまって、
つい愚痴が増える。家族にあたる。

そしてまた自己嫌悪、というスパイラル(笑)。



d0227246_12045990.jpg



もちろん今でもうっかりはまってしまうことはあります(笑)。

けれど、そういえば前より早いサイクルで、
気持ちを立て直せるようになってきたみたい。

それはたぶん、数年前から習慣になった、
「あること」が関係しているのかも。

そう、最近になって気づきました。


それは、


「あらゆることに、見通しをたてる」
こと。

言葉だけ目にするとすごく計画的なようですが、
実際はそんな大したことではなくって。


たとえば、
朝のうちに晩ごはんのおかずを決めておくこと。

ご飯が炊けるのに、洗濯を終えるのに何分かかるのか知っておくこと。

封筒を買ったら住所のハンコをまとめて押しておく。

白菜を半分切ったついでに、残りも切って漬物にしておく。

そんな、ちっちゃいことです。


d0227246_12050073.jpg


そんなことで、なぜ?と思われるかもしれませんが、
見通しをたてるものごとは小さければ小さいほど、簡単に結果がでるから。


わたしがかつて一日あくせくして疲れ果てていたとき、
頭のなかは、やらなくちゃならないことでいっぱい。

焦るきもちのまま、とりあえず目の前の仕事に手をつけては、
「あ、またやっちゃった!」とうっかりミスの連続。

一生懸命手を動かしながらも、
気持ちは未来のことばかりを追いかけているので、
心ここにあらずの状態だったのでしょう。

失敗してはやりなおすので結局余計に手間がかかり、
焦りはつのるばかり。



そんなとき、わたしに変化のきっかけを与えてくれたのが、
ヨーガの先生のある言葉でした。

それは、

「かならず完成のかたちを思い描いてから、
アーサナ(ヨガのポーズ)を始めるようにしましょう」


何度も何度も、
たいせつに、いつくしむように言われていた、この言葉。

そしていつもこう、先生は付け加えました。

「それは、日常のあらゆることも同じなのですよ」と。



d0227246_12050096.jpg



人ってどうも、なにかをしようとするとき、
かかる時間や手間を多目に見積もるみたいです。

けれど実際確かめてみると、意外とそうでもなかったりする。



「今この部屋はぐちゃぐちゃだけど、
5分気合をいれて片付ければ元通りになる」

「子どもが違う道を通って帰ろうと言っているけど、
家に帰って15分あれば晩ごはんができる」



それが分かっているだけで、なんと心強いことでしょう。

終わりがイメージできているから、
かかる時間のだいたいの目安がついているから、焦らないで目の前に集中できる。

子どもたちの、どうでもいい願い(彼らにとっては重要な願い。笑)も、
さっと叶えてあげられる余裕もできました。

さらに、時間を計ることで、
単純な作業ほどまとめてやることが、
後々の自分を助けてくれることにも気付けるようになりました。

そうして、
小さな「やった!」を積み重ねていくうち、ちょっとずつですが、
多少予想外のことが起きてもふりまわされなくなってきたみたい。


やがて、大きなことも小さなことも、あらゆることを始める前に、

これからやろうとすることが、
どんなふうに始まり、どんなふうに終わるのか。

たとえうっすらとでも構わないから目安をつけて、
ぼんやりとした全体像を、頭のなかに描く。


そんな習慣がつきました。



d0227246_12045911.jpg


そして、子どもの成長だって。


あまりに手がつけられなくて、途方もないように思うこともあるけれど、
見つめるべきは、ほんの少し先の未来。

子どもは自然な存在。
荒れ狂うこともあれば、穏やかに凪ぐ日もある。

今のこの状態は、ずっと続くことではない。

それに、
たいへんでたいへんで仕方のないときほど、
子どもは伸びようとする力をその小さな体に溜めています。

それは、
嵐のような大変さが過ぎ去ったあとに、ふと気付くことが多いものです。




焦るときこそ、一歩立ち止まって少し先の未来をみつめてみる。


これからもずっと、心がけたいことです^^





d0227246_12045970.jpg


・・・


このあいだの週末は、CHECK&STRIPE神戸店さんでのワークショップ、
寒い中10名の方にお越しいただきありがとうございました!

今回も色々と手を動かしながらお話させていただけて、うれしかったです。

機会があればぜひ!と言っていただいているので、
またお目にかかれる日が来るといいなあ、と思っています。

決まりましたらまたブログorインスタでお知らせ致しますね。








by fu-ko-handmade | 2017-12-12 10:28 | くらしのこと

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO