3月の嵐。

d0227246_10040150.jpg


このあいだ、ごあいさつにいただいた菓子。

つつみを開けるとぎっしりと小さな花びらがつまっていて、
なんともうれしく華やいだきもちになったのでした。

今日から3月ですね。

まめぴーが3月産まれなのですが、
5歳の誕生日をそれはそれは楽しみにしていて。

毎月保育園で誕生会があるたびに「ねえねえ、3がつまであとなんにち?」
と寂しそうに聞いてくるのでした。

そのたびに「ええっと、あと200日ぐらいはあるかなあ」なんてあいまいに答えていたのが、
やっとまめぴーにもわかる数字になってきて、喜びを隠し切れないようすのまめぴー。

5歳、はやいなあ。けどまだ5歳かあ。




インスタでも載せたのですが、
このたびゴンが4年近くつづけてきた水泳教室を卒業しました。

ブログでも何度かお話したかもしれませんが、
どちらかというとわが家は習い事には消極的。

にもかかわらず、ゴンは水泳にピアノ、造形教室と華々しいラインナップ。
どれもゴン自身「うまくなりたい!」という動機からのスタートだったのでした。

とはいえ習字やそろばん、くもんも「やりたい!」といわれたときはさすがに
「時間がたりひんやろ~」と止めましたが・・・(笑)


というものの、通っていた水泳教室は京都では有名なスパルタ校で。
しかも週二回、学校が終わってから市バスに乗って通い、
1時間みっちり泳いでまたバスで帰る、というハードなもの。

もともと体力のある子ではないのでめそめそ泣いて行き渋ったり、
なだめすかしてバス停まで送り、どうにか行ったこともあったなあ。

それでも自分で立てた目標をクリアして、いさぎよくきっぱり卒業したゴン、
ようがんばったと思います。


けれど、そんな感傷にひたっていたのはどうやら母だけだったらしく、
教室最後の日に好物を並べた食卓で

「ちゃーちゃん、今度は塾にいきたいねんけど~」とゴン。


・・・なぬ?!塾?!?!

なんでー?と驚きを隠しつつ聞いてみると、


「あんなー、私立に行ったらいろいろ勉強できるんやろー?

それにな!!自転車で通学できるらしいねん♪」



へ・・・自転車・・・そこ?(笑)


我が家にも、春の嵐がふきあれそうな予感です。






by fu-ko-handmade | 2018-03-01 10:07 | 子どもとのこと

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO