「子どものため」にできるたった一つのこと。

d0227246_10465216.jpg

こないだ学校から帰ってきたゴン、なにやら神妙な顔。

「ゴンがおとなになったら、今ある職業の8割はなくなっちゃうんだって・・・
どんな職業が残るんやろ?」

となんだか泣きそうになりながら聞いてきて。

大丈夫だよ、と言いかけて思いなおし、

「えっ、めっちゃええやん!!ラッキーやん!
だって、今仕事をしてる8割の人の仕事がなくなるんやろ?
働かなくてすむやんか~♪」

そう返しておきました^^

「ちゃーちゃんは能天気やな・・・」と呆れられましたが(笑)
ちゃんと、今の正直なわたしのきもちでした。



d0227246_11152965.jpg


まめぴーが保育園からひろってきた桜の葉っぱ。
唯一無二。ひとつひとつに物語がつまっているよう。




たしかに、子ども達の将来のことを考えると、不安はいっぱい。
できるだけ苦しい思い、辛い経験をさせたくないと心から思います。

けれど、必ず先立つであろうわたしたちは、
ずっと子どもたちの盾となり続けることはできない。

これから子ども達が大人になって、その命をまっとうするまで経験する苦労は、
子どもたち自身のちからで、立ち向かうほかないのです。


子どものために・・・
子どもの将来のために・・・

そんな思いで親が歯をくいしばる場面もよく目にします。
結果、子どもに何かを強いたり、我慢させたりも。

わたしも、一時そんな時期がありました。

でも、親は子どもを絶対安全な地におくりこむことはできない、
という矛盾に気付いて。

「子どものために」は結局、
「自分の安心のために」でしかないんじゃないか。
自分がかわいいだけなんじゃないか、って呆然としたのです。

なら、親は子どもの将来のために、何ができるんやろう?

わたしが出した答えは、

「勇気づけること」

でした。


なにがあっても、生きていれば笑えるときがくるからね。

笑顔のあるほうを向いていれば、なんとかなるからね。

だいじょうぶ、生きるって苦しいけど、ずっとずっと楽しいから。


「将来、何が起こるかわからない」
だから、不安がれ、ではなくて。

「将来、何が起こるかわからない」
だから、楽しいよね、って。

そのことを、言葉で、そしてわたし自身の生きかたで、
くりかえし、くりかえし伝えていくしかない。

そう思うのです。


***



先日お伝えした、発達障害専門誌「きらり。」


d0227246_12384125.jpg



フリーペーパーの内容がwebでもご覧になれるようになりました。


フリーペーパーの送付も沢山のご依頼をいただいていると、朝倉から聞いています。
みなさまご協力ほんとうにありがとうございます!

引き続きご依頼をいただきましたら全国どこへでも発送させていただきます。

「みのりの森」担当:朝倉
メール info@minorinomori.co.jp
電話 075-432-8746


必要部数、送り先をご連絡下さいね。

どうぞよろしくお願い致します。






by fu-ko-handmade | 2018-11-21 10:45 | 子どもとのこと

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO