人気ブログランキング | 話題のタグを見る

今年も「町家の日」参加します。

今年も「町家の日」参加します。_d0227246_11200012.jpg

寒い日がつづいていますね。
朝から雪がちらつく京都です。

今週は製作もしつつ、その間に取材やまめぴーの入学準備など、
あわただしくすごしています^^;


さてさて、今日は3月に行われるイベントのお知らせです。

町家の日にあわせ、
ご近所バルナファミリーの土間の家で行われる土間市。

今年も参加させていただきます~。



昨年は手づくり小物の販売や、「町家の可能性」というテーマの座談会に
参加させていただいたのでした。



天気もよくて気持ちいい一日だったな^^



先月からすこしずつ、
土間の家に暮らすバルナファミリーとその友人達と相談を重ねて、
今年のテーマは、「町家とプラスチック」にきめました。


今年も「町家の日」参加します。_d0227246_11412153.jpg
みんなでミーティング中。ベルギー語、英語、日本語がまぜこぜです^^



町家とプラスチック、
一見、すぐには結びつかへんけど・・・


きっかけは、町家に住む仲間達が胸を痛めている、
町家にまつわる現状からでした。

次世代にのこしていきたい、文化的な資源でもある京町家。

実際わたしも住んでみて思うことだけれど、
町家には建物のつくりや素材ひとつとっても、たくさんの時代を経てつみかさなった知恵や、
心地よく生活する暮らしのくふうがつまっています。

けれど、
悲しいかなこの数年、わたしたちの家のまわりでも
貴重な町家がどんどんと取り壊され、新しい大きな建物に変わっていっています。

もちろん、昔ながらの町家に住みたい、そこで暮らしたり商売をしたい。
そういう人は少なからずいます。

けれど、なかなかマッチングしないのです。
古いまま購入したいのに、だいたいの不動産屋さんは新築プランをすすめてくるそう。

理由は、
「新しく作ったほうがお金になる」から。





今年も「町家の日」参加します。_d0227246_12061652.jpg


町家を使い続けるために必要な、建具や土壁、材木など、
天然素材を扱える職人さんは年々減り、
材料を作る産地もどんどんと無くなっています。

天然素材はひとつひとつ性質がちがうし、
その特性を生かすには確かな目と技術が必要だからでしょう。

古いものをメンテナンスしながら使い続けることが、
だんだん難しくなってきているのです。

たしかに、
新しい材料で大量生産、大量消費するほうが経済は上向きになるかもしれない。

でもそのしくみ、
なんだかプラスチックに似てるよね、って話になって。

わたしたちの身の回りにあふれるプラスチック製品。
その身近さは、もはやそれなしで暮らすことができないほど。

むかしは竹や木で作ることがあたりまえだった道具も、
どんどんとプラスチックにかわっていく。
丈夫だし経年変化もすくないし、安価に、大量につくれることが理由です。
今年も「町家の日」参加します。_d0227246_12183250.jpg
ただ、
プラスチックは土に返るまで途方も無い時間がかかります。

にもかかわらず、ほとんどがリサイクルされることなく使い捨てされ、
捨てられていくのが現状。

そりゃ、大量につくって消費していくほうがお金はうまれるし、
便利で簡単。

少ない労力で、みんなが幸せになれるのはとても素晴らしいことです。

でも、
そんな「簡単・便利」のぬるま湯につかりながらわたしたちは、
むかしのひとが当たり前に持っていただろう、
自分の手で自分の暮らしをよくする力や知恵を、
いつのまにか失っているような気がするのです。

今年も「町家の日」参加します。_d0227246_12074524.jpg

そんないま、
すこし立ち止まって「使い捨て」をできるだけやめて
「使い続ける」ちからを自分達のなかに取り戻したい。

そんな思いで、このテーマにきめました。



当日はわたしは、風呂敷の販売や使い方のワークショップを。

ほかにも蜜蝋ワックスラップや、着物地を再生したて雑貨、
手づくり化粧品やヴィーガンランチ、スイーツなどのショップも出店されます。

3/10(日)11時から17時ごろまでやっています^^
お近くの方はぜひご予定されてくださいねー!


↓イベント詳細です。

今年も「町家の日」参加します。_d0227246_11185676.jpg



by fu-ko-handmade | 2019-02-14 10:00 | 個展・イベント

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのある暮らしを提案します。


by FU-KO