人気ブログランキング |

サイズ選びの参考に。FU-KOの立体マスク着用画像です。

サイズ選びの参考に。FU-KOの立体マスク着用画像です。_d0227246_19031940.jpg
お待たせしました!

昨日アップしましたマスク型紙、
3サイズの着用画像です♪


まず大人大きめサイズ正面から。




サイズ選びの参考に。FU-KOの立体マスク着用画像です。_d0227246_19032061.jpg

めちゃめちゃ部屋着ですみません・・・




横から。



サイズ選びの参考に。FU-KOの立体マスク着用画像です。_d0227246_19031919.jpg



目元まですっぽり覆えて、あごも完全に隠れます。
男性にも安心して使っていただけそうです。

私が使うと口元にかなり余裕があり、しゃべりやすいです。


次に大人の小さ目サイズ、正面。




サイズ選びの参考に。FU-KOの立体マスク着用画像です。_d0227246_19032075.jpg



大きめサイズよりすっきり。
よりフィット感を感じます。


↓サイドから。



サイズ選びの参考に。FU-KOの立体マスク着用画像です。_d0227246_19032048.jpg



目元にはかからないけれど、鼻先はしっかり覆ってくれるようデザインしています。

小学校中学年ぐらいのお子さんから女性まで大丈夫そう。
わたしと、中一のゴンはこのサイズを使ってます。


最後にキッズサイズ。



サイズ選びの参考に。FU-KOの立体マスク着用画像です。_d0227246_19031990.jpg



7歳のまめぴーがつけてくれてます。

2歳ぐらいから小学校低学年までのお子さんに
適しているとおもいます。


サイズ選びのご参考までに♪




また、何人かの方から
「型紙のダウンロードをしてプリントアウトしても、
サイズが合わないような気がするんですが・・・」とご質問をいただきました。

おそらくプリンタの設定で「用紙サイズにあわせる」を選ばれると、
用紙にあわせて小さくなってしまったり、
逆に大きくなってしまったりするのだと思われます。

「用紙サイズにあわせる」のチェックを外し、印刷してくださいね。



また、ダウンロードやプリントアウトができない環境の方のために、
型紙を方眼用紙に置いたものの画像をご用意しました。



☆大人おおきめ

サイズ選びの参考に。FU-KOの立体マスク着用画像です。_d0227246_19510852.jpg



☆大人小さめ


サイズ選びの参考に。FU-KOの立体マスク着用画像です。_d0227246_19510894.jpg


☆キッズ


サイズ選びの参考に。FU-KOの立体マスク着用画像です。_d0227246_19510897.jpg


写真が若干暗くてすみません~

こちらの方眼(ひと目盛り1cm)を目安にして、製図してくださいね。



レシピのダウンロードはこちらからどうぞ。→

【仕上がりサイズ表】※広げた状態で

キッズ 縦9.5×横15cm
大人小さめ 縦12×19.5cm 
大人大きめ 縦14×22cm


こちらが作り方動画です。

【4/30追記】
編集しなおして字幕付きでアップしました。
最初のものより、少々縫い方を変更した部分があります。




①生地を裁断する。上下がわかるように上の縫い代にノッチ(0.3cmほどの切込み)を入れる。
②中表にして中央を0.5㎝で縫い合わせる。
③カーブのきつくなっているところに、0.3㎝ほどの切り込みを入れる。
④縫い代をどちらか片側に倒してアイロンをかけ、ステッチをかける。
⑤表面から0.1〜0.2㎝のステッチをかける。

 ※①~⑤は裏も同様に。表布と裏布の縫い代は、縫い合わせたとき互い違いになるように倒す。

⑥裏布に目印用のステッチを入れる。(下から2㎝のところに1㎝幅に返し縫い。
布に対して目立たないミシン糸の場合は、目立つ色の糸で印を入れる)
⑦中表にして上下を縫い代1cmで縫い合わせる。表側を内側に0.2㎝控える。
⑧カーブに0.8㎝ほどの切り込みを入れる。
⑨表に返し、アイロンで形を整える。
⑩ゴム通し部分を1㎝→1㎝に三つ折りにアイロンをかけ端を縫う。
(押さえの固定ピンを使うか、ない場合は段差に厚紙をはさむと縫いやすい)
⑪ゴムを入れる。(長さ30㎝~35cm)


最後におまけ☆

サイズ選びの参考に。FU-KOの立体マスク着用画像です。_d0227246_19031966.jpg

ナイスガイ!!(笑)






by fu-ko-handmade | 2020-04-28 19:00 | 手づくりマスクプロジェクト

手づくり暮らし研究家、FU-KOこと美濃羽まゆみのblogです。京都の古い町家から「ものを作る、幸せのかたちを作る」をテーマに、手づくりのあるほんのりていねいな暮らしを提案します。


by FU-KO